Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Silent Cry / Feeder
2008年 06月 26日 (木) 09:31 | 編集
feeder_silentcry.jpg
" Silent Cry " / Feeder

6thアルバム。フィーダーを聴いていていつも思うのは「やっぱロックって良いなー」ということ。
オタク気質な自分はついつい音楽を聴くときに、表現していることは何なのか、何がどうなって
こういうことになっているのか、あれこれ考えてしまうのだが、フィーダーには殆どそういうことは
ない。勿論、フィーダーが中身空っぽな音楽をしているわけではなくて、「どうやって来ても多分
好き」という信頼があるからだと思う。ここで、このメロディーが来て、ここでギターがガーっと鳴
って・・・とインプットしすぎてパンク寸前の頭の中身を全て放出してくれるような、シンプルさと
心地良さがある(他にこんなことを思わせてくれるようなバンドは実は少なくて、パッと思いつい
たのがフー・ファイターズとファウンテインズ・オブ・ウェインぐらい)。今作もまたフィーダーが好
きなら、間違いなく違和感なく最後まで聴ける作品だ。ただ、前2作が「前進するんだ」という強
い意志を感じる、というかある意味コンセプチュアルだったのに対して、今作はあまりにもフラッ
ト。「プランも何も無かった。ただ集まって作ったんだ(ライナーより)」というグラントの言葉も頷け
る。それが今作の明快さを生んでいる。でもちょっと残念なのは、せっかく近年培ったメランコリ
ックな作風というのもあるのだから、上手くアルバムに配置すれば引き締まったのに、と。結構
あの方向でも行けると思うので。プロデューサーのギル・ノートンを離れ、事実上セルフ・プロデ
ュースになったことの唯一の失敗かもしれない。まあ、それでもこのバンドへの愛着は全く
変わらないし、今作が良質なロックアルバムということも変わらないけどね。

★★★☆ ( 2008 )
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。