Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Odd Couple / Gnarls Barkley
2008年 06月 16日 (月) 09:10 | 編集

" The Odd Couple " / Gnarls Barkley

2ndアルバム。ビートルズとJay-Zをマッシュアップして脚光を浴び、ゴリラズ、ザ・グッド,
ザ・バッド・アンド・ザ・クイーン(デーモン・アルバーンのプロジェクト)などのプロデュース
で知られるデンジャーマウスと、ラッパー兼シンガーで、かつかなり飛びまくったヴォーカル
を聴かせるシー・ローからなるこのナールズ・バークレイ。1stはその破壊力で世界を不意
打ち的に席巻した。自分も例に漏れず、デンジャー・マウスのの作る(印象として)スモーキー
なんだけども、聴き流せないビート感や、音楽性の幅の広さなど、絶対にポップになりそう
にないものを「異型のポップ・ミュージック」として放出するその能力にはヤラレタ。どうしても
「デンジャー:シー・ローの聴き比=8:2」ぐらいになってしまう。だからソウルフルなシー・ロー
をやや押し出してきた今作はちょっと評価しづらい。やはり前作のバランスが秀逸だったと思
うので、(かなり歪だけれど)結構普通のソウルに聴こえてしまう今作は凡庸になったかなぁ
という印象。たぶん、ロック作品を中心に聴くリスナーだからかもしれない。もちろん、デンジ
ャー・マウスは良い仕事をしているんだけど、ちょっと彼の作品は最近世に溢れすぎているか
も。まぁ、彼の才能を考えれば、引っ張り蛸なのも頷けるけど。正直、これよりもデンジャー・
マウスがプロデュースし、「最高傑作」の自信があるというベックの新作のほうが聴き応え
がありそう。

★★★ ( 2008 )

-関連リンク-
前作"St.Elsewhere"のレビュー(当ブログ内)
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。