Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Everything's the Rush / Delays
2008年 06月 05日 (木) 09:06 | 編集

" Everything's the Rush " / Delays

3rdアルバム。今作のインタビューをネット上で見つけ、えらく感動したのでまずそれを載せ
たい。"We're not interested in being an obscure f***ing indie band. We make
brave music and we don't try and fit into any genre - we just make great pop
songs."-最後の一文が強烈なのだが、「僕達は素晴らしいポップソングを作るだけさ」。
「良い曲」ではなく「ポップソング」を作ると豪語するディレイズの強さと目標設定の確かさ
が伝わってくる。で、実際、その言葉に寸分違わぬポップさが爆発・・・・・・・・・・・・・最高
だ!単純にその力強いポップさだけで、何気なく流していても日常に彩を加えてくれること
は間違いない。だが、このアルバムじっくり聴いても実に隙が無いのだ。グレッグのハスキ
ーとファルセットを行き来する巧みなヴォーカル、高揚感のあるストリングス、調和する楽器
隊のアンサンブル。それらが全て「ケミストリー」と言いたくなるぐらい、絶妙に混ぜ合わさっ
て、途轍もないポップ空間へと昇華される。1stの暖かさと緩やかさ、2ndの煌びやかさと力
強さ、その両方が全編に張り巡らされた、そして更にポップの強度をグンと上げたディレイズ
の勝負作だ。体の内側からドクドクと頭のほうへ流れ出していく様々な色が、脳内で爆発し
ているジャケットは「まさに!」といった感じ(脳内メーカーみたいだよね、これ)。これだけ
魅力的な音で何で日本で人気でないか不思議でしょうがない(日本人が好きな美形だしね)。
まあその前に日本盤すらまともに発売されない現在の状況をどうにかしなければ。これは
万人に聴かれるべき作品なのだから。

★★★★★ ( 2008 )

インタビュー元の記事はこちら
Comment
この記事へのコメント
出遅れました
おおーっとDelays出たんですね!すっかり見落としてました。前作がすごく良かったんで今作も気になります。チェックせねば。彼らの曲のキラキラっぷりはたまらないですねー。
2008/ 06/ 06 (金) 00: 45: 31 | URL | きょん # -[ 編集 ]
>きょんさん
凄くよいですよ、このアルバム。再生しているとストップボタンを押すタイミングが無いです!

個人的には最高傑作かな?
2008/ 06/ 06 (金) 16: 08: 27 | URL | fafnir # eqP7eH0Y[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。