Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミステリー・オブ・レディオヘッド
2008年 04月 04日 (金) 16:23 | 編集
OK Rainbows


ネット上を徘徊していたら面白い記事があったので紹介。
まずはこちらの記事を見ていただきたい。

ネタとしては、「荒木飛呂彦は9.11を予言していた!」より面白くは無いですが、いかにもレディオ
ヘッドぽくて好きです。まぁたぶんそこまで考えてないでしょうけど(笑)

実際に「Radiohead - 01 and 10 playlist」を作って聴いてみると、多少の違和感はあるものの、
割とスムーズに聴こえることに驚き。そういえば新作が出る前のインタビューで「今回の新作は
OK Computerのもっと恐ろしいやつさ」と語っていたのを思い出します。確かに両アルバムの
生音&エレクトロニカの配分って言うのは似ているかも。あと、これを聴いて思ったのは、散々
優しい、暖かいと思っていた"In Rainbows"が、実は恐ろしい作品なんじゃないかということ。
スムースに聴こえる音像の背後に、並々ならない鋭さが存在しているんじゃないか、そんな
新しい聴こえ方がしました。10年前の作品と混ぜ合わせることによって、新作の新しい面が
浮き彫りになった、それだけでも今回のこのネタは価値があります。まぁただの勘違いだった
っていうオチがありそうですけど・・・。

こういうのも踏まえて来日公演を楽しみたいと思います(どう踏まえるんだよ)。もうチケットは
取りました。10月までは死ねません!
Comment
この記事へのコメント
すごい!面白いですね。少々無理やりな感じはありますが・・・・・・。でも、とにかくおもろいモンを追求するこの無邪気さはレディヘらしいといえばレディへらしいです。

ただ、交互に曲を並べるやつですが、最後が“ビデオテープ”にならないと意味がないような気がします。“ビデオテープ”は、その名の通り旧メディアであるビデオテープに過去を記録することでレディヘのキャリアにひとつの楔を打ち込んだ曲です。それは『OKコンピューター』すらも吸い寄せるはず。あの曲でレディへは一旦終わったんです。彼らがここを意識しないはずはありません。

だからやっぱり、奇跡的な偶然なのかな・・・・・・でも偶然でも面白いですよね。

2008/ 04/ 05 (土) 01: 02: 31 | URL | 幸大 # -[ 編集 ]
>幸大さん
面白いですよね!レディへというところで面白いと言うか。

そういえば今月のrockin'onにレディオヘッドの否定のことについて書いてありましたよ。今回のアルバムは「今までのレディオヘッド」を否定しているそうです。ちょっとこじつけっぽいですが、面白いです。興味があればぜひ!
2008/ 04/ 13 (日) 05: 23: 40 | URL | fafnir # eqP7eH0Y[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。