Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Vexille - The Soundtrack
2007年 08月 20日 (月) 01:06 | 編集
vexille_thesoundtrack.jpg
" Vexille - The Soundtrack " / Various Artists

8/18に劇場公開された「ベクシル 2077 日本鎖国」。フル3Dアニメーションという技法と「日本鎖
国」という興味をそそるタイトルで以前から話題になっていた映画。映画自体も話題になってた
けど、サントラも凄く話題になってたんです!だって鬼のように豪華&ほとんど書き下ろしという
反則的なサントラなんだもん。というわけで全曲レビュー。

01. Close Your Eyes feat. Linda Lewis / Basement Jaxx
いきなりジャックスですよ、奥さん。でもジャックスらしからぬクールなバラード(やはりパーティ
ー・チューンのイメージが強いので)。で、これはこれでカッコよくて全然アリ。この女性ヴォーカ
ルの声が◎

02. Easy Action / Boom Boom Satellites
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!としか言いようのない曲。やっぱこういう曲がテーマ
じゃないと。役割としては"Dive For You"的。一見"Pill"に似すぎじゃない?って感じなのだけれ
ど、あっちが直線的な曲だったのに対して、こっちは後半になるにしたがって拡散していく。
この広がりが気持ちよすぎる。なんていうか理想的な道を進んでいる気がする。もちろん昔の
音源も最高だけど。アルバム出るのかな?

03. War Is Hell / DJ Shadow
やっぱこういうシャドウが好きだなぁ~。もの悲しげな感じというか。個人的に3rdはダメだった
ので。ギター音をサンプリングしたりとロック度が高め。

04. Target Practice / Asian Dub Foundation
どうやらベスト盤に収録されたらしい新曲。ここで聴けるのはラッキー!メロディアスじゃなくて
硬派な感じの新曲。こっちのほうが好きだわ。語弊があるかもしれないけどレイジっぽくて。
個人的に彼らのベストは2003年に発表された"Enemy of The Enemy"。

05. Future Love Theme / Carl Craig
デトロイト・テクノってクールだし踊れるけどやはり個人的には苦手だなぁ・・・いつか
好きになりそうだけど。シンセの乗せ方がダメなのか、それともクラブに行ったことないから
そう思うのだろうか。う~ん・・・謎です。

06. Message 2 U / Paul Oakenfold
今回のスコアを書いている人。世界的にかなり有名な人らしく、かなりの業績の持ち主。
知りたい人はぜひ調べてみて下さい。で、この曲がロックとクラブを融合したかなりカッコいい
曲。まあ、音的にはそこまで目新しくないけど、ベクシルの映像にはピタッと合ってると思う。

07. Outsider Intro - Instrumental / DJ Shadow
シャドウさん再登場。声がついているとアンクルっぽい感じがする。もちろんインストでも
カッコいい。何曲かはちゃんと好きなんですよ、3rdアルバム。壮大な感じがして映画音楽として
はいい感じ。

08. The Shadow / The Prodigy
なんと新曲。プロディジーらしいビートが効いた一曲。マキシムとキースは居ないけど、どっち
かというとそっちが本流だと思うんだよこの人たち。売れたのが歌入りだっただけで。だからブン
ブンの中野が「みんなは評価しないけど俺は4thが好き」みたいなことを言ってて嬉しかった。
新作も楽しみ。来日したら今度こそ行きたい気絶しそうなライヴだけど(笑)

09. BirdFlu / M.I.A.
新作から一曲(もちろん新作は発売日に買った)。彼女が登場したときは本当に衝撃で。
ヘンテコなリズムに、自信満々のラップ&歌。世界がひれ伏したのも納得。今回も鋭さは
変わってないようで一安心。そういや、アルバムまだ封も開けてないや・・・。

10. Food A Ready / Underworld
秋に新作が出て、半ばエレグラ的な来日公演も控えるアンダーワールド。この人たちってボー
ン・スリッピーみたいな爆発的なダンスチューンも良いけど、アンビエントチックなトラックも
良いんだよね。もちろんこの曲は後者。前半が激しい曲が多いから余計こういうのが良く聴こえ
たり。

11. Brenn Di Ega Kjerke - Vexille Mix / Black Strobe
この人たちのことはまったく知らないのだけど、この曲カッコ良過ぎる。すごくツボな曲だわ。
どうやらバンド編成らしい。このインストがカッコいいと思ったけどどうやらこれはリミックスで
本来はヴォーカルが入るらしい。これはチェックしないと。

12. I'm Alive / Paul Oakenfold
これまたロック度の高いダンス・チューン。ちょっと食傷気味かも(笑)

13. Cutz / Various
「ヴァリアスは絵コンテの段階から参加」って何者ですか(笑)去年マッシヴの再来とか何とか
言われた人達です。やっぱこう聴くと特徴あるねこの人達。色んな音をミックスするのが上手い。
ちょっと1stアルバムを棚から引っ張り出してみよう。聴き直しじゃー!

14. More Than Human / Paul Oakenfold
なにやら映画とシンクロしそうなタイトル。伸びやかな女性ヴォーカルがいい味出してる。
これは大事なシーンでかかりそうだ。この人の曲は3曲入っているけどどれも映像と合わせた
方が良さが出そうな曲ばかり。

15. Host Of Seraphim / Dead Can Dance
ああ、あの予告で流れてるやつはこれだったのね。スケールが大きく「戦争」というのを何となく
感じる曲。最近の人かと思ってたら80年代の人か~、全然色褪せてなくてビックリ。壮大&耽美
で自分がハマりそうな気配をグイグイ感じます。ベスト盤が出ているそうだけど潔くオリジナル
アルバムを全部買っちゃおうかな。最近では映画音楽もやられているそう。

総括としてはやはりロック×ダンスミュージックというフィールドのアーティストのサントラ
をどこまで豪華にできるかという妄想を現実にしてしまったという感じかな。いやー、売れそう
これは。クラブ系の音が好きな人はもちろん、そういうのに興味ある人の入門盤にもおオススメ。

解説も素晴らしいし、「買い」です。このサントラ。映画も早く見たい!!
Comment
この記事へのコメント
このアルバムの曲ではなくてeminemのcleaning out my closetについてですが。。。
eminemのcleaning out my closetは母親への謝罪の曲ではないですよ。母親への憎しみです。バランスを取るために謝りを入れて言いたい放題ラップしている訳です。僕も母親を憎んでいるのでこの曲最高に共感できます。
2007/ 08/ 29 (水) 12: 34: 03 | URL | かつ # -[ 編集 ]
>かつさん
昔の文章にまで目を通していただいてありがとうございます。

そういう意味では完全に誤解していましたね、申し訳ありません。もっと聞き込んでからレビューするべきだと再度認識させられました。しかもこういう大事な曲だとなおさら恥ずかしいです。
2007/ 09/ 07 (金) 12: 15: 27 | URL | fafnir # eqP7eH0Y[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。