Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Release the Stars / Rufus Wainwright
2007年 05月 27日 (日) 10:57 | 編集
rufuswainwright_releasethestars.jpg
" Release the Stars " / Rufus Wainwright

5thアルバム。この人の音楽がクラシックやオペラなどに影響を受けた、ナルシスティックかつロマ
ンティックなものであることは疑いようが無いし、それはシーンに登場した瞬間から散々言われてき
たことなので、ここで更に書き連ねようとは思わない。それにしても最高だ。今作が日曜日の朝のよ
うな晴れ晴れしく、祝福をしてしまうような作品だから余計にそう思うのだろう。数年前を思い起こせ
ば、「ウォント二部作」は暗い、というより重い作品だった。ドラッグ問題や荘厳な中世ヨーロッパ趣味
がそうさせていたもかもしれない(もちろん内容は素晴らしかった)。だが本人も今作を「山や谷を越
えオリンピックでグラウンドを走る栄光の瞬間」と語る。今作での圧倒的なポジティヴィティを考えれ
ば、まさにその通りだ。さらにベルリン・レコーディングという事実は、町の蘇生と本人の蘇生を無意
識下でも重ね合わせたのだろうかと勘ぐらせたりして面白い(自分だけかも)。

今までクラシックやオペラというものに関心を持ったことが無い。我が家では高校時代からクラシッ
クとオペラしかほとんど聴いてこなかったという強者の父がいるのだけれど、それが自分に影響する
ことは無かった。機会が沢山あったのに、未だに聴いていないということは多分今の自分には合わ
ないんだろう。その理由もなんとなく分かる。クラシックの良さを理解するには精神的に若すぎるとい
うこともあるだろうし、あの様式に収まった予定調和の世界が苦手なのだ。だがルーファスは良い。
それはクラシックやオペラを敬愛しつつも、そこからドボドボと零れ落ちてくる人間性があるから。あ
と、いい意味で不安定でフッと息を吹きかけたら消えてしまう蝋燭のような弱さも持っている。不意
に声やそういった人間性の部分にグイッと引き込まれてしまう。しかもここへ来て、弱さと強さを兼
ね備えているのだから最早、最強なのだ。これから世界を制してもおかしくない。本気でそう思う。

★★★★☆ ( 2007 )
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。