Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Countdown to Year Zero !!
2007年 04月 06日 (金) 00:39 | 編集


国内盤の発売日が2週間も延期というトラブルがあったけど(知ってたら予約しなかった)、日に
日に盛り上がっているナイン・インチ・ネイルズの新作"Year Zero"。そして発売二週間前(全米)
というこのタイミングでなんと全曲試聴が来た!試聴会以降、全曲がネット上にリークしていたけ
どまさか公式で全曲聴かせるとは。やっぱりリークは公式がやっていたんじゃないだろうか。トレ
ントさんは「リークしたら売れない」と言われ、怒ってわざとリークさせたという噂もあるし・・・。

まぁそんなことはさておいて。全曲試聴ですが、ワタクシ我慢しようと思ってたのだけど・・・

あっさり聴いてしまった。アハハハハ!!(・∀・)

やはり聴きたいものは一刻も早く聴きたい。我慢した方が良いに決まっているんだけど。
作品としてのレビューは圧縮音源ではなくCD音源をたっぷり聴いた上でやるつもりなので、
今回は簡単に全曲レビューというものをやってみよう。全曲レビューって苦手だけど(笑)


01. Hyperpower!
ノイジーなインスト。世界観を知らせるために十分な警鐘となっている。
ライヴのオープニングにかなり良さそう。

02. The Beginning of the End
NINとしてはかなりスタンダードなロックナンバー。いや、やっぱりギターの歪み方とか
かなりカッコいいけど。ポップだし、シングル切れそうな感じがする。

03. Survivalism
既に先行シングルとして世に出されている曲。サビの語尾が上がるのが、最初は抵抗
あったけど、今は慣れたっていうか好きになった(笑)この曲は後半が聴きどころ。

04. The Good Soldier
前二曲で初聴きの人達をずっぽりと引き込んでおいて、この曲からいよいよ本領発揮。
NINのスローナンバーがここから並ぶ。木琴のような音がしたり、トレントさんの声がやたら
優しかったりと、最近のモードが伺える曲。

05. Vessel
イントロがかなりカッコいい。サビ(?)の「Oh! My God!」がライヴでは合唱になりそう。
押し引きがかなり絶妙。結構お気に入りナンバー。

06. Me, I'm Not
既にリークされていた曲。タイトルを見ると"No You Don't"を思い出すけど全く違う曲なのは
当たり前。TDS期のような不穏な空気がただよう楽曲。この曲って何割ぐらい生音なんだろう。

07. Capital G
発声がなんとなく面白いというか、今までに無かった感じ。なんとなく投げやりな感じが(笑)
後半のコーラスが良い味出てる。これもシングルカット候補か。この曲から再度マッチョトレント。

08. My Violent Heart
一番最初に世に出た曲。これはカッコェェェ!!アルバムの中では久しぶりの叫び声が。
WT以来の音源がこれだったからかなりビビったことを今思い出した。

09. The Warning
"Me, I'm Not"となんとなく似てる感じだけど、こっちのほうがよりギター音が炸裂してる。
っていうかこのギター音はなんなのよヽ(`Д´)ノカッコよすぎ。

10. God Given
一番笑える曲。「Come on! Sing along! Everybody now! 」とか言っちゃってるし。
あれ?トレントってこんなキャラだったっけ?とにかく知ってる人は爆笑。

11. Meet Your Master
スターウォーズみたいなタイトルだなこれは。それとも宗教的な意味合いか?自分の英語力
では判別不可能。この曲のトレント元気です、すごく。ミーチョマスタァ!

12. The Greater Good
そしていよいよアルバムも終盤へ突入。この曲以降の展開がまさに神。この曲は不穏とかそう
いうものを通り越して、なんだか末恐ろしい。いや、大好きだけどねこういう曲。

13. The Great Destroyer
こういう曲を待ってたのよオレは!!「不意に訪れる神々しさ」これに本当に弱い。
曲名を叫んだ後の展開が凄すぎ。エレクトロでも、あくまでもロックだから凄い。
グレートデストロイヤァァァァァァァァ!!

14. Another Version of the Truth
インスト。イントロのピアノの感じがなんとなく"Closer"の最後を思わせる。そして一瞬の静寂
の後、雲から光が差し込むときのような美しい瞬間が。これはStillっぽいぞ。そして最高だぞ。
アルバムの中ではかなりのお気に入り曲。ノイジーな中にあるから尚良し。

15. In This Twilight
既にリークされていたNIN流バラード。ものすごく素敵な曲。サビの裏声が心地良い。
ノイジーな音が心地よくなるって言うのは今になっても凄いと思う。シューゲイザーとか
オルタナとか色々あったけど。14→15の流れだから一層良く聴こえる。

16. Zero-Sum
あっという間に最終曲。最後に相応しいスケールの大きい曲。曲の中でめまぐるしく
展開が変わる。歌が入るところは賛美歌並の神々しさ。今でも泣きそうだから、もし
ライヴでやられたら号泣だろうな。アハハハ。


急ぎ足でレビューしてみたけど、最後にこれだけは言いたい。

Year Zero は傑作です。

なんかもうね、笑っちゃうぐらい凄いよ、これ。分かりやすいのに、コンセプチュアルだから聴く
たびに発見がありそうだし。捨て曲なんて勿論無いし。今まで駄作を一枚も作っていないと思
っているので、やってくれるだろうとは考えてたけど、予想以上の作品だった。そして聴き
終わって今考えていることは来日公演を2回行くかどうか。本気で悩む。う~ん。

さあ、聴くも聴かぬも自由。聴きたければ↓へドウゾ。

http://yearzero.nin.com/
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。