Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
INDEPENDIENTE / Dragon Ash
2007年 02月 25日 (日) 09:32 | 編集

" INDEPENDIENTE " / Dragon Ash

7thアルバム。作品を評価する上でいきなり説得力の無い言葉で始めるのは恐れ多いが、この作
品を何度聴いてもこの言葉しか浮かばない。「聴けば分かる、とにかく楽しい」。もう全編、聴いて
いるだけで魂を揺さぶられる曲ばかりである。前作のラテン/サンバ路線を血肉化・洗練し一層推し
進めた作品なのだが、ここ数作のテクニカルな音楽的進化に重点を置いた作風とはちょっと違う。
何と何の融合とかそういうことでは割り切れない、「現時点でのドラゴンアッシュのスタンダード」を
あまりにも晴れやかに、軽やかに鳴らしてしまった作品なのだ。だからこそ、激しさがあろうが、音
マニア的な聴き方があろうが、最も強く響くのは優しさであり非常に聴きやすい。同時に、メッセー
ジというメッセージが無い純音楽的な作品でもあるので(唯一"Beautiful"だけは意思が感じ取れ
る。それもまた良かったりする)、本当に「音楽」に身を委ねることが出来る。もしかしたらドラゴンア
ッシュのアルバムでこんな体験をするのは初めてかも(今までは何かと音楽に付随するもので語
られきたと思うから)。

デビューしてから10年間、プラスマイナス含め本当に濃密な活動をしてきたと思う。取り込めるもの
は本当に手が届くもの全て吸収してきた。ロック、ヒップホップ、エレクトロニカ、ドラムンベース、ラ
テンなど。常に前作を過去のものとし、音楽性を再定義してきた。だから今作も今までの集大成で
はなく、新しい、そして鮮やかな景色を見せてくれている(きっとまた次も新しい景色を見せてくれる
だろう)。「独立」、「孤高」と冠された今作のタイトルはここまでたどり着いた彼らなりの勝利宣言な
のだろう。振り返れば、解散するかも?という瞬間が今まで何度もあった。本人じゃなくたって、ファ
ンなら胸を引き裂かれるような思いをしたり、行き場の無い怒りを感じたこともあった。辛くて聴けな
い日々さえもあった。でも、「一つとして無駄な痛みなど無いさ」と降谷建志は歌ったし、こうして
歓喜に満ち溢れた音楽が鳴っている。今はもう、それだけで十分じゃないか。

★★★★★ ( 2007 )

- 関連ページ -
Dragon Ash公式
Artist Pickup Dragon Ash編 (当ブログ内)
"Rio de Emocion" レビュー (当ブログ内)
Comment
この記事へのコメント
よくブログ読んでます!

Fafnirさんのプッシュに影響されて3年ぶりくらいにDragon Ash買って聞きました。
上手いコメントはできませんがとても楽しくて気持ちよくて大好きな一枚になりました♪

また参考にさせてください(*^∀^*)
2007/ 02/ 25 (日) 17: 33: 39 | URL | yuki # MlQgtKFg[ 編集 ]
>yukiさん
自分の影響で購入していただけるなんて光栄です。楽しいアルバムですよね、ホント。それ以外言葉が浮かばないのでレビューするのやめようかと思ったぐらい(笑)ライヴも楽しそうですよね。

ぜひまた遊びに来てください。
2007/ 02/ 27 (火) 06: 41: 18 | URL | Fafnir # c7peVYGc[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。