Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tool ( 2007.02.09 )
2007年 02月 12日 (月) 14:03 | 編集
Tool @ Zepp Tokyo ( 2007.02.09 )



当日は午前中から予定があり、会場へついたのはまさに開場のタイミング。これからToolを目撃
しようという他のロックバンドのライヴよりも幾分「濃い」客の中、足早に入場。最前列はカオスが
予想されたので(この予想は見事に的中)、もうちょっと見やすいひとつ前の柵の前にポジション
をセット。マッシヴアタックなどが流れるSEの中ひたすら開演を待つ。

そして遂に登場!"Stinkfist"から始まるというのは反則技。いやー凄い、凄いよトゥール。
規格外の爆音に体も盛り上がらずには居られない。半ば発狂。ひたすら首を振り、日本語とも
英語ともいえない叫びを毎曲続けてました。周りの人とか全く見てなかったなー(笑)で、思考が
戻ってきたときに思ったのは、ライヴで聴いてみると結構分かりやすいということ。比較的盛り上
がりやすい曲がセットリストに並んでいるのはもちろん、スクリーンがかなり上手く作用していて。
これは知らずに見ても頭もっていかれるはずだわ。

メンバーそれぞれが違う魅力を持っているのはこのバンドの強みだ。メイナード先生は海老反り、
太極拳、そしてピヨピヨ(行った人しか分からない・・・)など奇怪な動きをしながら、美しく、時に凶
暴な歌声を発する。この人のカリスマティックな魅力には痺れた。アダムはほとんどアクションは
なかったものの時々メンバーに目配せしたりしていて。というか全体的にこの人は神経質そうに
見えたな。ジャスティンは一番一般的なロックバンドのパフォーマンスに近い人。巻き髪で首をブ
ンブン振り回し、時折笑顔を見せていたような。まーやっていることは普通じゃないんだけど。そし
てダニー。この人は明らかにおかしかった。あんたは千手観音かい!凄まじい手業に思わず見
とれてしまいました。明らかに今まで見てきたドラマーの中でナンバー1。もう神業。でもトゥール
が凄いのは4人とも凄いプレイヤーだろうが、最終的にはその世界観を見せ付けることを何より
も優先していることだ。この辺はやはりトップクラスのバンドでないと見ることは出来ないかも。

なんといっても今日のハイライトは"Wings For Marie"→"10,000 Days"の20分だろう。メイナー
ド先生がそれまでの曲のようにアクション多めの動きから打って変わって、キーボードをまっすぐ
見つめ静かに佇む姿からして一味違った。そして中々静まらない客に向けて、「シィー」と一声。
実際に会場が静かになったかどうかは自分にとって問題ではなく、むしろそこまでしてパフォーマ
ンスに集中するメイナードに少し恐ろしさを感じた。そして演奏が始まっても黙々と歌い続けるメイ
ナードの姿は最早神々しいという領域に達している。そして"10,000 Days"のクライマックス、刻々
と姿を変える演奏と映像に「秩序のない世界を表現する」という仏教観にも似た世界を感じた。い
や、それは確信犯的に東洋的だ(映像はまるで曼荼羅を動かすかのようであった)。この2曲があ
る分、やはり最新作は最高傑作であるという思いが深まってくる。この2曲はそれほどまでに深い。
また、一切体を動かさず(というか動かせず)、立ち尽くしてしまったのはこの20分間だけだった。
いや、ホントにこの瞬間に立ち会っただけでも生きてて良かったと思う。

本人たちは完璧でも、客や音の問題で決して完璧とは言えなかった。それでもこのライヴの印象
は他のどのライヴよりも強烈だ。ライヴを終えての感想は「スゲー」とか「やっと見れた」とかそうい
うことよりも「生きてて良かった」。これが、マジだから凄い。楽しいとか、元気をもらうとかそういうこ
とを通り越して、見られて良かったというなぜか感謝の気持ちにも似た思いがするのだ。「トゥール
のライヴは実際に見なければ分からない」、その噂は本当だった。

01. Stinkfist
02. Forty six & 2
03. Jambi
04. Schism
05. Lost Keys
06. Rosetta Stoned
07. The Pot
08. Wings for Marie
09. 10,000 Days
10. Lateralus
11. Vicarious
12. Aenema

- 関連ページ -
Tool 公式HP
Artist Pickup Tool (当ブログ内)
" 10,000 Days "レビュー (当ブログ内)
Comment
この記事へのコメント
ライブお疲れさまでした!
このライブレポをみてさらにTOOLのライブがたのしみになりました!!
14日の名古屋にいくんですがまじで楽しみです!!
2007/ 02/ 12 (月) 17: 10: 04 | URL | PARABO # -[ 編集 ]
お疲れ様ですー!!セットリストは全く同じのようですね。とにかくすごいとしか言いようのないあのオーラ、世界観はその場にいた人にしか絶対わからないですよね。ダニーはほんと手がいくつあるのという感じで、難しそうなフレーズの連続なのに必死に叩いているようには見えず余裕さえ感じられました。すごい。ほんと。
2007/ 02/ 12 (月) 19: 22: 26 | URL | きょん # -[ 編集 ]
>PARABOさん
最近TOOLしか耳に出来ないのが、今日やっと他のアーティストも聞くことが出来ました(笑)それぐらい強烈でしたね・・・。14日楽しんできてください!

>きょんさん
10日はセットリストが違ったみたいですね。いやーホントに「とにかく凄い」です。プレイヤーとしてはもちろん、その世界観の深さたるやトップクラスです。またいつか見たいですねー。

まー一段落した今となっては気持ちは最早コーチェラとNINに向かってますが(笑)あとDA。
2007/ 02/ 13 (火) 00: 18: 36 | URL | Fafnir # sT6JgqCc[ 編集 ]
14日いってきましたよ~!!やばすぎです!tool!凄まじいの一言でした!!ダニーさんのドラムはほんとに手が何本もあるかのようでした!
セットリストは10日のセットリストと同じ感じでした☆

あとNINE INCH NAILSにいこうか迷ってます…
2007/ 02/ 15 (木) 13: 02: 27 | URL | PARABO # -[ 編集 ]
>PARABOさん
バレンタインデーにトゥール、うん凄い組み合わせですね(笑)今でもあの瞬間から抜け出せなくなるぐらい凄いですよねホント。あーあのときに戻りたい!個人的にはスクリーンをすこぶる気に入りまして。あの演奏と渾然一体となった世界観にはあんぐりでしたから。

NINのライヴも凄いとの噂ですよ。行ったことないので分かりませんが。NINをあんなに小さいハコで見られることは少ないのでぜひいかれてみては?
2007/ 02/ 16 (金) 16: 04: 19 | URL | Fafnir # 37ur3VDY[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。