Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Good, the Bad And the Queen / The Good, the Bad And the Queen
2007年 01月 23日 (火) 15:11 | 編集

" The Good, the Bad And the Queen " / The Good, the Bad And the Queen

ブラー/ゴリラズのデーモン・アルバーンの新プロジェクトによるデビュー・アルバム。元クラッシ
ュのベーシストのポール・シムノン、元ヴァーヴのサイモン・トング、アフロ・ビート界の名ドラマー
、トニー・アレンという面子、そして今回のプロジェクト用に撮られた(少々老けた)写真を見て浮
かんだ言葉は「オヤジたちの再就職!」。だが、しかし今回のこのバンドはそんな代物ではもち
ろんない。「イギリス的なレコード」とデーモン自ら語るように、これは音的に見てもアルバムの
背景で見ても懐古ではなく、しっかりと「今の」イギリスである。ゴリラズに引き続きデンジャー・
マウスを向かえ、地味ながらも洗練された相変わらずの高クオリティーのサウンド(毎度ネズミ
野郎はやってくれます、特にビートが最高)。デーモンのメロディーメイカーとしての才能もこれ
また相変わらずに凄い。いや、ホント地味だけど凄い。だけど、なぜか胸が高鳴ってこないのは
何故だろう(笑)やはりゴリラズ、ナールズ・バークレイとこの感じの音は毎年続いていて少々生
彩に欠けるし、前評判を超えたものが見えてこないからだろうな。デーモンさんには次あたり、
目の覚めるようなモノを作ってくれることを期待。

★★★☆ ( 2007 )
Comment
この記事へのコメント
ききましたよー
たしかに地味な感じは否めないですね。。けどサウンド、アレンジもしっかりしてるし聴き込み甲斐がありそうですね!メロディは聴きやすいから聴いてて疲れたりしないですし。
でも
>>ゴリラズ、ナールズ・バークレイとこの感じの音は毎年続いてい少々生彩に欠ける
てとこは凄い同意ですねえ。2nd出すなら、もっと面白いことしてほしいです!
2007/ 01/ 27 (土) 03: 02: 32 | URL | タケウチ # -[ 編集 ]
>タケウチさん
地味ですねー、だがしかしそれもまた一興。よく耳を凝らせばおっと思うところもたくさんありますしね。だけど地味(笑)

デーモンさんには今年はブラーを期待してます。グレアムさんも戻ってくるとかこないとか。
2007/ 01/ 28 (日) 16: 26: 33 | URL | Fafnir # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。