Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Albums Of The Year 2006
2006年 12月 26日 (火) 23:34 | 編集
ついに当ブログも2006年の年間ベストアルバムを発表します。過去最高に音楽を聴きましたが、
ランキングを決めるのは意外と早かったです。年を重ねることで自分の趣味&趣向がハッキリし
てきたということでしょうかね。まぁそんなことはどうでもいいです(笑)それではドウゾ!


10,000 Days / Tool

No.01

" 10,000 Day " / Tool

これを1位にしてしまうことの意味を十分考えた上で1位にしました。だってこれを1位にした時点
で「私は常人ではない」と言っているようなものだから(笑)でも1位にせざるを得ないぐらい素晴
らしいんですよ、ハイ。一、唯一無二の世界観が少しも薄まってない。二、通して聴いても全くダ
レないぐらい流れが良い。三、コンセプチュアルな内容で「アルバム」として優れている。よくもま
ー、「切り売り」のデジタル時代にこんなアルバムを出してくれたものです。過去作&APCも一
気に購入(APCは一枚持ってたけど)。トゥール万歳!降臨(来日)も楽しみ!

Black Holes And Revelations / Muse No.02 : " Black Holes And Revalations " / Muse
 これは本当に1位になってもおかしくない作品。ミューズが歩んできた道のり
 をいったん分解し、再構築し直したその実験精神に乾杯。"Invincible"の美
 しさには個人的にヤラれました。

Meds / Placebo No.03 : " Meds " / Placebo
 プラシーボ最高傑作。時代性も無い、実験性も無い。でも本当に信じられない
 ぐらい曲が良い。演奏もタイトで、逞しさも感じられる。薬のようにジワジワと体
 内へ入り込んできて、まさに中毒にさせられました。

The Information / Beck No.04 : " The Information " / Beck
 地味ーな一枚だけれど、地味ーに最高な一枚。なんか矛盾しているような気が
 しますけど、本当にそうだから仕方ない。シンプルな中にも空間を埋め尽くすよ
 うな音の積み方をしてるのがツボ。

Body Riddle / Clark No.05 : " Body Riddle " / Clark
 近年のエレクトロニカ作品の中では最もハまりました、クラークさん。耳を疑う
 ような美しいシンセサウンドに狂ったビート感、これを気に入らずに何を気に
 入れというのでしょう。生音が増えているのも面白いので良し。

St.elsewhere / Gnarls Barkley No.06 : " St.elsewhere " / Gnarls Barkley
 去年のゴリラズに引き続き、デンジャーマウス関連の作品がランクイン。やっぱ
 りこのクールなビート感が大好きです。来年もデーモンのプロジェクトで聴ける
 ので嬉しい限り。来年もランクインしそう(笑)

Light Grenades / Incubus No.07 : " Light Grenades " / Incubus
 世間はどうだか知らないけれど、個人的にはインキュバスの中で最も感動的な
 作品。「本当に成長したよなぁ~」という感慨が生まれてくるのです。ジャケも最
 初はダサいと思ったけど、今ならなぜか許せてくるから不思議。

Amputechture / Mars Volta No.08 : " Amputechture " / The Mars Volta
 いやーこのバンドはスゴい、スゴいよ。衝動的なのに構築性もあって、雑多な音
 楽性なのに統一感もあって。レビュー書こうと思ったんですけど、なんて表現し
 ていいか分からないが為に断念してしまったアルバム。

Empire / Kasabian No.09 : " Empire " / Kasabian
 誰に何て言われようが、今一番勢いがあるのはカサビアン。地下活動のような
 雰囲気から一転、実に王様っぽい音になりました(よく分からない例えだけど)。
 このまま天下取ってくださいよ、トムさん、サージさん。あ、PVも良いね。

Mr.Beast / Mogwai No.10 : " Mr.Beast " / Mogwai
 いやー今思い出しても来日公演は凄かった・・・あんなにデカイ音を聴いたのは
 初めて。今作も、なにかとてつもない「大きさ」を感じさせる。轟音と静寂が波の
 ように押しては引いていく快感がたまらないです。

-次点-
Faith / Hyde On / Boom Boom Satellites Cum Laude / The Velvet Teen Hello Waveforms / William Orbit NUNKI / Kahimi Karie
The Black Parade / My Chemical Romance To All New Arrivals / Faithless 大人 / 東京事変 A Posteriori / Enigma You See Colours / Delays

いやー予想通り濃いですねー今年は(笑)まぁ中には結構耳当たりの良いロックとかエレクトロ
ニカなんかも入っているんですけど。そして、今年は本当に「聴きたいものを聴きたいだけ」聴く一
年でした。その分例年よりは雑多なジャンルのランキングになったのでは(相変わらずメジャーど
ころばっかですが)。CD購入数も跳ね上がり7月には40枚を越す有様。年間では・・・数えてませ
ん('・ω・`)また今年も昨年に引き続き「豊作」だったといえると思います。ここに載せてない作品で
も紹介したいCDが結構ありますし。来年もこの状況が続くと嬉しいですね!来年はRadiohead
(去年も書いたけど) , Dragon Ash , Nine Inch Nails , 椎名林檎など(あとアヴリルも!)ビッ
クネームの人達の新作が既に発表されていますので、今からワクワクです。(自分を含め)音
楽バカの皆さん、来年も張り切って行きましょう!
Comment
この記事へのコメント
いよいよ出しましたねー(^ω^)
ベスト3の世界観が(((゜Д゜)))!!て感じですね笑

4位にベックがはいってるのはなんか意外でした!
そろそろうちも煮詰めねば。。。
2006/ 12/ 27 (水) 02: 27: 59 | URL | タケウチ # -[ 編集 ]
いやはや濃すぎますよ!(笑)
芸術性というか強烈な美学を持った作品ばかりですね~ 
でも歳を重ねるごとに募っていくマンネリを打開しようとすると、そういう濃密で奇抜な(?)音楽を求めだしますよね?

良い意味で来年が心配ですww



2006/ 12/ 27 (水) 15: 13: 58 | URL | ミキティ # 64owOXpE[ 編集 ]
うわーtoolが一位だー(笑)
でもほんとTool素晴らしいですよね!ぼくも10.000DAYSを聴いて、toolとa perfect circleのアルバムを全部集めてしまいました(*^□^*)
二月の来日がほんと楽しみで仕方ありません!!

あとMUSEもかなり好きです!!
2006/ 12/ 28 (木) 00: 46: 09 | URL | PARABO # -[ 編集 ]
>タケウチさん
確かにベスト3は((( ;゚Д゚)))ですね(笑)こういう濃いなのが今年は一番ハマった一年でしたね~。音楽的趣向がだんだん狂ってきたのでしょうか。

ベックは前はそんなに好きじゃなかったんですけど、今では大好きなアーティストですね。消化するのに時間がかかるんですよね、彼の音楽は。

>ミキティさん
強烈な美学を持ってますね、確かに。基本的にアルバムというものをしっかりと作っている人達には好感が持てます。まぁトゥールとかミューズの場合はしっかり作りすぎなところもありますが(笑)

特に最近はプログレにハマってるんで来年はさらにおかしくなるでしょうね・・・。でももう誰にも止められないでしょうね 笑('・ω・`)

>PARABOさん
トゥールですよ!トゥール!聴きまくりましたし、集めまくりましたね。ブートまで買いましたから(笑)来日公演も行きますし、トゥール三昧ですね。ちなみにさっきも聴いてました。ヘッドフォンで聴くと発見があって面白いですね。
2006/ 12/ 28 (木) 10: 07: 32 | URL | Fafnir # uMAMdMgY[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。