Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Saturday Night Wrist / Deftones
2006年 11月 15日 (水) 15:08 | 編集

" Saturday Night Wrist " / Deftones

5thアルバム。彼らといえば今年のサマーソニックのパフォーマンスが記憶に新しいが、このアル
バムを聴いていると客がほとんど棒立ちだったというのも分かる気がする。それは決してこのアル
バムが駄作だということではなくて。彼らの音楽は、例えば全盛期のリンプのような爆音で押し切
る肉体性、又はコーンやトゥールのように深い精神性に根ざした音楽、そのどちらか一方で語るこ
とが出来ない。その間を浮遊するように、時には凶暴な面を見せ、また時には「妖艶」と形容したく
なるような甘さも見せる(チノの体型は浮遊とは程遠いけど)。だから1曲で見るか見ないか判断さ
れるようなシビアなフェスという場、しかもあまり知られていない日本では客があんな感じだったの
だろう。だが、絞らなかったことで逆に、作を追うごとに自由な音楽的な進化が出来たのだ。今作
ではデジタルサウンドも導入し、より一層この幻想世界に磨きがかかっている。当初は所詮フォロ
ワーと見られかねなかった彼らだけど、今ではこれはこれで唯一無二と呼べるものだし、宇宙すら
感じる。ただ「アルバム」としてどうなのかと聞かれれば、それは「まだ」としか言えない。そこら辺
は次作あたりに化けそうな気がするのだけど。ついでに、チノの体型も良い方向に化けて欲しい。

★★★☆
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。