Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Feeder ( 2006.10.07 )
2006年 10月 08日 (日) 14:43 | 編集

当日の写真じゃないです。でもTシャツは同じ(笑)

Feeder @ SHIBUYA-AX ( 2006.10.07 )

一ヶ月もしないうちにまたここに参上。大きすぎず小さすぎず、交通の便も良し、ロッカーは外に
あって使い易し、なかなか気に入っているライヴハウスなんだよね実は。といっても2回目なんだ
けど・・・前回は着くまでにちょっと迷ったんだよなぁ。今回は当たり前だけどすんなり着いたし、
天気も超良かったのでもう始まる前からテンション上がりまくり(ライブ前に知らない人と話すぐら
い)。でも、今回は整理番号もそんなに良くないし最前列も取れそうにないから、モッシュに飛び
込んでやる!と決めてかかって臨んでみました。ロックバンドなんだから良いよね?

たいていのバンドの場合「ベスト盤」と聴くと後ろ向きな思いがするものだけど、フィーダーに関し
ては前向きさを感じた。何故かといわれればそれはジョンの他界なんだけれども。今更になって
も本当に良く乗り越えたと思うし、こうしてバンドが続いていることが嬉しい。だからベスト盤と聞い
たときも素直に喜べたし、今回のライヴも前向きなエネルギーしか感じなかった。それと、もうひ
とつ今回のライヴのキーワードは親密さ。もちろんベスト盤リリース後のライヴなのだからヒット曲
オンパレードのセットだったわけだが、アグレッシヴな曲でもスロウな曲でもファンのレスポンスが
凄い。それは、やはり長いこと続けてきたバンドだし、ベースのタカが日本人ということもあって(?)
日本で独自のファンベースを築いたからこそ成せる業。会場の雰囲気を感じたヴォーカルのグラ
ントも終始上機嫌だった。個人的には"Feeling A Moment"や"Just The Way I'm Feeling"の
ようなメロディの美しさが際立つような曲にグッと来て泣きそうになってしまった。いや、実際泣いて
いたんだけど(笑)でもそこでグッと来るのも他の曲とのメリハリがハッキリしていたから。上手く緩
急をつけたセットは思ったよりも早く進みあっという間に本編終了の"Descend"へ(グルーヴ感の
ある楽曲&轟音ギターに痺れた!)。

10分ぐらいでメンバー再登場。やっぱりアンコールは無きゃね。アンコールもアンコールとは
思えないほど盛り上がり2曲ほど終わった後タカがこう切り出す。

「去年ここに来たヤツはいるか?」

かなりのお客さんが手を挙げる。

「じゃあ俺が言いたいことはわかるよな?(ニヤリ)」

自分は今回が初めてだが情報収集を怠らなかったから分かる。「アレ」だ。アレとは、最終曲に
ファンをステージへ上げること(!)。次々と人が前に詰めステージに上がる。最終的には100人
ぐらい上がったんじゃないかな(自分は下から眺めるのも良いと思って上がらなかったけど)。
もちろんそんなことをすれば怪我人が出るかもしれない。でもメンバーは信頼しているのだ、フ
ァンを。なんて優しくて、なんて感動的なバンドなんだろう。そして、"Just A Day"のイントロが鳴
ったとき、親密さが沸点に達した瞬間だった。・・・・だけどファンが機材にぶつかってしまって演
奏中断、おいおいはしゃぎ過ぎだよ(笑)計2回演奏が中断してしまったけど、最早ご愛嬌。

本当に心から楽しいといえるライヴだったし、新曲の具合から行けば次回作も期待できると思う。
なにより、最後でのメンバーとお客さんの笑顔が今のフィーダーの状態を全て物語っていた。

01. Come Back Around
02. Insomnia
03. We Can't Rewind
04. Feeling A Moment
05. Shatter
06. Pushing The Senses
07. Save Us
08. Just The Way I'm Feeling
09. Buck Rogers
10. Pilgrim Soul
11. Tumble And Fall
12. Lost And Found
13. Descend

Encore
01. Yesterday Went Too Soon
02. Seven Days In The Sun
03. Just A Day
Comment
この記事へのコメント
こんばんは!!
Feeder、アットホームでホットなステージだったようですね。
10日の大阪に参加する友人に早速報告しておきました。
大阪でも「ステージ上げ」あるんかなぁ・・・。
2006/ 10/ 10 (火) 01: 17: 13 | URL | K # -[ 編集 ]
>Kさん
ファンにはたまらないライヴになったと思いますねぇ。ベストな選曲ですし。ちょっと短いという感じもしますが(笑)

ステージ上げはステージの大きさの都合上東京と大阪で行われると思われます。怪我がなければいいんですけどねー。
2006/ 10/ 10 (火) 16: 29: 06 | URL | Fafnir # sT6JgqCc[ 編集 ]
こんばんは!!
友人情報だと、大阪では「ステージ上げ」は無かったそうです。
・・・が、東京同様に濃いステージだったようで、満足気でした。
「カラスの歌」をカバー?したそうです。
2006/ 10/ 18 (水) 02: 20: 06 | URL | K # -[ 編集 ]
>Kさん
やっぱり危ないと判断したんでしょうかね。賛否両論だったみたいですし。

グラントそういう歌大好きですね(笑)ただ東京ではこのときだけレスポンスがかみ合ってませんでした( ´Д`)
2006/ 10/ 18 (水) 07: 28: 07 | URL | Fafnir # sT6JgqCc[ 編集 ]
こんばんわー。
僕も今年AXのライヴに行きましたが、最後はちょっと危なかったですね。
僕はステージに上がったんですが、もう身動きができませんでしたw

エスカレートしすぎてステージ上げが無くなりません様に・・・
2006/ 10/ 19 (木) 21: 30: 12 | URL | ORUNA # -[ 編集 ]
はじめましてですよね?
確かに危なかったですあれは。でもなかなか微笑ましい光景でしたけどねぇ。賛否両論のようですが。

自分はステージには上がらなかったですけど、あんなに珍しいことするバンドはあまり見たことないんで是非やめないで欲しいですね。
2006/ 10/ 21 (土) 16: 21: 23 | URL | Fafnir # .xBdHPaY[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。