Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Summer Sonic 06 ( 2006.08.13 )
2006年 08月 15日 (火) 16:19 | 編集
Summer Sonic 06 @ 千葉マリンスタジアム、幕張メッセ ( 2006.08.13 )

起きた瞬間に体の疲れを感じる。やっぱりダフトパンクであれだけ踊ればそうなるか・・・。
というわけで「今日は頑張りすぎずゆったり見よう」と決めて遅めに起床。前日で移動とか
も慣れたのでゆったりとメッセに到着。MUMのためにマウンテンへ移動。

MUM DJ SET (途中から)
一目見た瞬間「あれMUMってこんなユニットだったっけ?」と思わずにはいられなかった。
だって、マントしちゃってるし、なんか被ってるし。これじゃあナールズバークレイみたいじゃ
ん(笑)かけている音楽も相当ヘンテコでMUMに抱いていた「エレクトロニカ」というイメージ
と真逆だった。なかなか踊れる気持ち良い音楽をかけてくれるもののいまいち雰囲気を掴め
ないまま、いきなり仮装した2人のお姉ちゃんが出てきて終了。MUMの二人は最後マントで
回転しながら挨拶するもんだから、「伯爵」って感じだった。

BOOM BOOM SATELLITES
もうブンブンは楽しみにしまくりだったのでかなり前方に。前から10列目ぐらいだったかな。
サウンドチェックの時点でかなり音を出してて、これからすごい事が起こるんだという高揚感
に包まれる。・・・・そして遂にお二人登場!!一曲目の"Kick It Out"のイントロが鳴った瞬
間、そこはカオスとなりました(;´Д`)ビール持ちながら待ってた人はどうなっただろうなぁ(笑)
退場者続出、モッシュの嵐でいつの間にか前から3列目に。"Generator" , "Dive For You"
"Moment I Count" , "PILL" と立て続けにアグレッシヴなナンバーを連発。お得意のライブ
アレンジも加わって会場は一層熱気に包まれていく。ダイナミックな演奏と魅力あるヴォーカ
ル、この時彼らが放つオーラは完全に「ロックバンド」のそれだった。

あれ?おかしいなぁ。今日はゆったり見るって決めてたはずなんだけど・・・(笑)
ここで水分補給。ブンブンが押したみたいで時間が無かったので急いでソニックに移動。

Secret Machines
ブンブンで疲れてたので後ろのほうで飲み物を飲みながら見ることに。とにかく彼らはスペーシ
ーな感じ(?)の楽曲と照明の演出が素晴らしくて。幻想的で、ここは本当に宇宙なんじゃないか
と思うほど「非日常」の空間を作り出していた。でもそれだけじゃなくて、そこにドスドスと生命力を
吹き込むドラミングも良かった。ゆったり見たのが正解で、感動するライブだった。CD買おう。

Andrew W.K. (最初だけ)
かなりお腹が減ってたけど「アンドリューの兄貴」を一目見たいがためにソニックで待つ。で、その
登場の仕方が最高に面白かった。最初はアンドリュー以外のバンドメンバーが出てきて一人ずつ
演奏していき、最後にアンドリューが上下白の衣装で出てきてキーボードを弾き始めたのだが・・・
なんとキーボードのアンドリューは偽者!本物はPA席近くから出てきて歌いだす!驚きの演出に
当然客は中央に集まり、普通に登場する以上に盛り上がる。さすが兄貴、エンターテイナーだな
ぁ~。でも勝手に「出オチ」だと決め込んでここで退出(笑)バイバイ、兄貴!

昼飯に冷麺。これが美味しい!(ちょっと高いけど)食後、ちょっとブラブラしてマウンテンに移動。

Arctic Monkeys
開演前からすごい人が押し寄せる。やっぱり旬のバンドは違うねぇ。アルバムどおり"The View
From The Afternoon"からスタート。演奏も良いし、歌もちゃんと聴こえるけど・・・あれ?あんまり
盛り上がらないぞ自分!?自分の心配をよそに演奏は続くが、"I Bet You Look Good On The
Dancefloor"になっても気持ちは高まらない。前の方じゃなかったからかも知れないけど、同じ気
持ちの人も沢山いたみたいで出て行く人も多かった。"When The Sun Goes Down"で少し盛り上
がったけど、個人的には不完全燃焼・・・。たぶん旬なバンドだから過度の期待をしてしまってこう
なってしまったんだと思う。バブリーなバンドって難しいね。また改めて見直したいな。

ここでマリンに移動。

My Chemical Romance (途中から)
一度スタンド席の雰囲気を味わっておきたかったので行ってみる。おぉ金髪じゃん!こんなにさわ
やかなバンドだったっけ?(笑)知っている曲が少ないのもあったけど、やっぱりスタンド席じゃ盛り
上がらない。やっぱり座ってみるのはロックじゃないね。

ミューズのためにグランドへ移動。後輩とバッタリ!久しぶりに音楽話で盛り上がっているとスクリー
ンに「MUSE」の文字が!絶対前で見たかったので後輩に「じゃあまた会おう!」と言い残し移動(笑)

MUSE
もう最初に言うけど、とにかく凄かった。ミューズ見るの初めてだけど圧巻のライヴだった。やはり
バンドとして格が違う。自分がみた「ロックバンド」の中ではダントツで一番。いきなり"Map of The
Problematique"(東京のみ!)でスタートし、"Hysteria" , "Supermassive Black Hole"と立て続
けにアグレッシヴな曲を披露(マシューの生「スーパーマッシヴブラックァフォー!!」が聴きたか
った 笑) この時点では周りにはリンキンファンが多くていまいち盛り上がりに欠けてたけど続く
"Bliss"(東京のみ!)でかなりのミューズファンが前方へ移動。自分も便乗して前方へ移動し周
りはほぼミューズファンに(後から知ったけどこれがかなり良い決断だったみたい!)。ここから
"Starlight" , "Butterflies & Hurricanes" , "Invincible"の聴かせる曲群に。とくに"Invincible"
は本当に感動して涙が出そうになった。ギターソロも凄かったんだけど、それよりもマシューの発
するオーラが凄くて。元々「名曲」だと思ってたけどこの瞬間自分の中で本当に「特別な曲」になっ
た。ここから"New Born"~"Knights Of Cydonia"の名曲ラッシュ。自分はここから全曲歌って、
飛びまくり(周りもそんな感じだったので空気は・・・読んでいると思います)。もうどの曲も壮絶で
3ピースとは思えない太い音を出していて、いかにミューズが「ライヴバンド」として力を発揮でき
るか見せ付けている感じがした。

01. Map Of The Problematique
02. Hysteria
03. Supermassive Black Hole
04. Bliss
05. Starlight
06. Butterflies & Hurricanes
07. Invincible
08. New Born
09. Stockholm Syndrome
10. Time Is Running Out
11. Plug In Baby
12. Knights Of Cydonia

余韻に浸るまもなく走ってマウンテンへ移動。

DJ SHADOW (途中から)
そこまで人も多くなく、みんな思い思いに盛りあがっているようだった。走ってきて息が上がってい
たので、最初は雰囲気が掴めなかったけどずっと居たと思われるとなりのお兄さんからいきなり飲
み物を頂き(笑)、落ち着いてきたところでプレイに集中。効果的なVJの前で、3つのターンテーブル
を操る姿はさすが。ラストにUNKLEの"Rabbit In Your Headlights"を使うサプライズもあり(映像も
ジョナサングレイザーのPV使ってました)、貫禄のプレイを見せつけ終了。良かった。

Massive Attack
DJ SHADOW が終わると同時に前へ。前から2列目に(!) 一番最後のアーティストが一番見たか
ったアーティスト、しかも肉眼ではっきり見える、こんな幸せなことは無い!そして遂に始まった!
昨日のダフトパンクの時とは大違いで後ろから押してくる客も居なくてみんな大人。しっかりスペー
スを確保しながら見ることが出来る。これはかなり最高のコンディションだ。

オープニングナンバーはベストの2枚目に収録されていた"False Flags"。3Dの呟きのようなヴォー
カルとキラキラ光る電飾、そして圧倒的な音圧の絶妙なマッチングが心地良い。後半のバンドサウ
ンドへのシフトで鳥肌。続く"Risingson"ではDADDY Gも登場。交互に心地良い二人のライムを聴
いているだけでどこかへ行ってしまいそう。それと、このときの二人の立ち姿が最高に格好良かっ
た(ダディー背ぇタケェ~)。あと特筆すべきは"Teardrop"→"Angel"→"Futureproof"の神展開。
"Teardrop"はエリザベスフレイザーが登場し、神々しいまでの美しさを見せてくれる。このとき本当
に泣きそうになった。こんなもの生で見せられて感動しないやつはいないって。"Angel"は後半に
なっていくにつれて、段々と演奏に熱が入っていき・・・遂に爆発!これは鳥肌必至の凄い光景。
"Future Proof"は本当に強迫観念がそのまま音になったみたいで、思考することも出来ずにただ
ただ圧倒されてしまった。時が過ぎるのは早いものでいつのまにか"Unfinished Sympathy" ,
"Group Four"のクライマックスへ。"Unfinished Sympathy"は彼らには珍しくとにかく歌を前面に
出した感じで、歌い上げる姿にまた鳥肌。そして最終曲"Group Four"。もうこれが最終曲に相応
しい素晴らしいパフォーマンスだった。歌声が響く前半から後半のテンポを段々と速めてアグレッシ
ブにしていく演出には何故か殺されるかと思った(この感覚はちょっと言葉では説明できない・・・)。
最初から最後まで大地の轟きのような低音が凄まじく、CDで聴くだけでも唯一無二だがライブもま
た唯一無二なのだと思い知らされた。最後にメンバーが全員ステージに並んだときの3Dの笑顔を
一生忘れないだろう。

01. False Flags
02. Risingson
03. Black Milk
04. Hymn Of The Big Wheel
05. Mezzanine
06. Teardrop
07. Angel
08. Future Proof
09. Safe From Harm
10. Inertia Creeps
11. Unfinished Sympathy
12. Group Four

というわけで二日目も終了。家に帰って「一人打ち上げ」をして寝る。本当に
最高の二日間でした。サマソニ、絶対来年も行きます!!


※個人的ベストアクト
01. Massive Attack (他のアクトとは違う雰囲気が漂ってた。完全に別格)
02. Daft Punk (マウンテンステージは宇宙船になりました)
03. Muse (宇宙人マシューべラミー)
04. 65 Days of Static (朝からトリ並みの演奏)
05. El Presidente (生粋のエンターテイナー。女性陣もポイント高し)
Comment
この記事へのコメント
失礼致します。
初訪問での書き込みで失礼致します。
やっと、MUSEの記事を書かれている方を発見!というテンションのまま書かせて頂いてます。
Map Of The Problematique と Bliss 羨まし過ぎます!Bliss は想像できましたが、まさか・・・大阪でもやって欲しかったですね(涙)
2006/ 08/ 15 (火) 21: 18: 11 | URL | MASSA56 # -[ 編集 ]
>MASSA56さん
初めまして!
ミューズ素晴らしかったですね。正直"Take A Bow"も聴きたかったのですが"Bliss"を聴けただけでも満足です。

あと記事にもあるように"Invincible"にも非常に感動しました。やっぱりミューズ最高ですね!!
2006/ 08/ 15 (火) 23: 50: 21 | URL | Fafnir # 0/N/aytc[ 編集 ]
本当にMUSE!!見てみたかった!!
Arctic Monkeys そんな感じだったんですか・・・
でも、MUSEが!!笑
2006/ 08/ 16 (水) 00: 32: 09 | URL | noelbono # uszzu23E[ 編集 ]
お疲れ様ですー!やはりMUSE、MASSIVEは素晴らしかったですね!!個人的にはTOOLもものすごかったです。

BLISSとMAP OF~は東京がうらやましいですけど、私の中ではもうオープニングはTAKE A BOWしかないと決めていたので(笑)、大阪はこれでよいです。♪テーイカバ~ウ♪のあとのお辞儀の仕方が素敵でした。サイドニアでは例の「サークルオブデス」や「タイガースタイル」をやった人がいるみたいですね(爆笑)
2006/ 08/ 17 (木) 01: 19: 06 | URL | きょん # -[ 編集 ]
>noelbonoさん
サルたちは自分的にはそんな感じでした。「期待以上のライブを見せてくれるだろう」と期待していたのがまずかったですね・・・。新人さんなのに。

ミューズはもうホントに素晴らしかったです。サマソニ6年ぶりらしいですけど、その成長率は確実に一番です。単独は是非行きましょう!!(あったらですけど 笑)

>きょんさん
お疲れですー!!トゥール見たかった!ホントにホントに見たかったです!でもどうしても音圧を感じたく、また3DとDADDY Gの顔を近くで拝みたかったので(この辺にまだ自分に対する幼稚な部分を感じます・・・)。

確かにTake A Bowの始まりは見たかったですね~。あの段々と盛り上がっていく感じは素晴らしいですしね。衣装も断然大阪のほうが上ですし(笑)サイドニアはついつい周りを見渡してしまいましたよ。自分の周りにはやっている人は居なかったですけど、やっぱり居たんですね~・・・・アホが(笑)単独で是非来て欲しいものです。
2006/ 08/ 17 (木) 16: 29: 48 | URL | Fafnir # ZHdMNSY6[ 編集 ]
こんばんは!
サマソニお疲れ様でした!!
東京はとにかくBoom Boomの時間が羨ましかったです。大阪はMuseと被ってたんで今回も見逃しました・・・。
スカパーでこの日に前回の単独ライブがオンエアされてるのを見て、益々残念というか・・・。

Arctic Monkeysはライブの評判よりも人気先行気味っていうのは聞いてましたが、やっぱりそういう空気が出てたんですかね?
演奏力よりも熱気の方で凄さのあるイメージなんですけど。
マイケミと迷った末、見逃したんで気になるところでした。

Museは期待通りでした。
僕も「Invincible」は感動したし、今後のセットにも長く組み入れて欲しい曲になりましたね。
でも、「Knights Of Cydonia」。
あれを観て、彼等がこれからも益々進歩し続けるであろうバンドだと確信しました。
単独公演があるといいですね。
濃かったですけど、ちょっとボリューム不足気味だったし、大阪はリンキン待ちの棒立ち客がかなり前方に居ましたから・・・。

2006/ 08/ 19 (土) 02: 39: 23 | URL | K # -[ 編集 ]
>Kさん
お疲れ様でした~。楽しかったですね、二日間。

ブンブンは本当に一度ライブ見たかったので東京サマサマと言った感じですね。本当はもうちょっと前の時期の曲を聞きたかったですが贅沢はいえませんね。短かったですが素晴らしいライヴでした。

猿は自分的にはいまいちでしたね。ライブの後半になるにつれて人がどんどん出て行き、最後には自分の周りには最初の半分ぐらいしかいませんでしたね。前のほうはかなり盛り上がっていたみたいですけど。やはりイメージが先行しているみたいです。

ミューズは評判どおりの素晴らしいライブをしてくれましたね。リンキンファンをかなり取り込んだんじゃないでしょうか(笑)とちゅうから暗くなってくる天然の演出でもう涙腺ゆるみまくりでした。贔屓目ですけど本当に全曲素晴らしかったです。でも確かにボリューム不足でしたし、客がいまいちだったので(自分は騒いでいたのであんまり感じなかったんですけど)是非単独公演を希望しますね。
2006/ 08/ 19 (土) 22: 07: 56 | URL | Fafnir # d3xRQPUk[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。