Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Artist Pickup 06 : Coldplay
2006年 08月 04日 (金) 16:30 | 編集
前回の記事で宣言していたとおり、アーティストピックアップ:コールドプレイ編やります。
本当はもっと早いタイミング(というか来日記念に)でやろうかと思っていたのですが公演
に行けなかったので「いーや」と思ってしまいまして(笑)でもライブDVDが発売されるとい
うことなので、やっぱりやることにしました。それではドウゾ。

coldplay01.jpg
全員こっち見すぎじゃないか?

Coldplayはイギリスのロンドン出身の4人組バンドです。ロンドン大学(インテリ大)で出会い
バンドを結成。現在最も世界で最も聴かれているアーティストといっても良いでしょう。イギリス
のバンドの中では群を抜いて売り上げが凄まじいです(去年最もCDを売ったのは彼ら)。また、
イギリスのバンドには珍しくアメリカでもブレイクしてます(最近はアメリカでもイギリスのバンド
がチャートインしてますが)。日本でも来日公演を見事に成功させましたが、正直欧米の状況
には追いついていないようですね。コールドプレイは普段ロックを聴かないような人でも、十分
聴ける音楽だと思うので、もっと色んな方が聴けば良いのになぁと思いこの記事を書きます。


coldplay02.jpg
クリスさん:「困ったなぁ~(モジモジ)」もしくは「(耳痒いなぁ~)」

■出会い
彼らとの出会いはちょうど2ndアルバムがリリースされたころでしょうか。当時洋楽を聴き始めた
ばかりで(年代がばれてしまいそうでお恥ずかしい)、しかも聴いていたのはUS産ヘヴィロックで
した。来る日も来る日もヘッドバンキングを繰り返していたのですが(笑)、首を痛めてへヴィなモ
ノを聴くのにも疲れてしまって、「何か別なものを」と求めていった結果UKロックにたどり着きまし
た。トラヴィス、オアシスなどと一緒に好きになりましたが一番ハマったのは彼らでした(その頃
レディへはなんじゃこれ状態、ブラーは歌い方が嫌い状態)。"In My Place"の切なくも力強い
雰囲気に衝撃を受けて聴き始めてから、早4年。1番ではないですが、今も大好きなバンドです。

■魅力
彼らの魅力はなんといっても 曲の良さ でしょう。というかそれのみです。レディオヘッドの
時代に対する冷ややかな批評も無ければ、オアシスの威勢のよさがあるわけでも、ブラーの器
用さがあるわけでもありません。ムーブメントも引き起こすわけでも、U2のように世界を変えよう
と思っているわけでもありません(手にフェアトレードのURLを書いたりしてますが)。もちろん、ル
ックスで売ってるわけでもありません(初期なんてナヨナヨ大学生だもんなぁ・・・)。そういったバ
ンドを取り巻く付加価値とは関係ない楽曲の良さ、それだけでここまでコールドプレイは大きくな
りました。実はこれって奇跡的なことなんじゃないでしょうか。でも、逆に言えばそれほどのクオリ
ティを維持しなければならないわけで。それが出来るからこそ、現在も支持されているんですね。

■ヒストリー

Parachutes
" Parachutes " ( 2000 )

彼らはこのアルバムでデビューし、いきなり1位を取りました(!)。90年代後半、ブリットポップが
消滅しお祭り騒ぎにうんざりしたリスナーが、しっかりとした「良い曲」が聴きたいと渇望したことを
如実に表すような出来事ですね(このアルバムの前年に発売されたトラヴィスのアルバムも凄い
売れましたしね)。サウンドは素朴でデビューアルバムらしい感じですが、クオリティは新人離れし
ています。なんなんでしょうかこの完成度は。やはり世界を背負うバンドは最初から違うということ
でしょうか。特に" Yellow "の名曲ぶりは異常です(笑)現在でもライブのハイライトとなる曲で、
曲名のとおり会場が黄色くロマンチックに染まるんですよね・・・(憎い!憎いぞ!この演出!)

A Rush of Blood to the Head
"A Rush of Blood to the Head " ( 2002 )

前作は大成功しましたが、一部からは「ナヨナヨしすぎじゃねぇ?」という批判も出ました。それに
対抗するかのように今作では、曲の良さを殺さずに力強さを備え付け、芯のある素晴らしい音楽
を奏でています。確かに暗いといえば暗い音楽なんですが、完全に閉じているわけじゃなくて光が
差し込んでいるような感じがしますね。ピアノが叩きつけられるように響く" Politik "、高らかにイエ
ェーー!と歌う " In My Place "、間奏の高揚感がなんともいえない" Clocks "などどれも素晴らし
いです。果たして今作で前作以上の成功を果たし、押しも押されぬトップバンドになりました。

X&Y
" X&Y " ( 2005 )

そんなトップバンドになった彼らがその事実を引き受け、そのスケール感をそのまま作品化した
のが" X&Y "です。前作までは「叙情派」といわれていた彼らですが、今作ではダイナミックなバ
ンドサウンド、緻密なエレクトロニックの導入など「叙情派」から脱却する試行錯誤が伺えます(一
度アルバム全部をお蔵入りにしてるぐらいですから)。この辺に賛否両論が起こる原因があるよ
うですが、自分は断然支持してます。これは大きくなったバンドの宿命ですし、いつまでも「僕はダ
メかも~」なんて歌ってたってラチがあかないですって。ちゃんと前進していく彼らは賞賛に値す
ると思います。このアルバムに関しては色々語りたいんですが、長くなりそうなので一曲に絞りま
す。" Fix You "に。現在ではライブのラストに歌われている曲ですが、正直死ぬほど好きなんで
すよこの曲(笑)アルバムで初めて聴いてから大好きでしたが、PVを更に見て大好きに。シンプル
なんですがダイナミックで、ロマンチックで・・・ああ思い出すだけで胸が熱くなってきます(笑)ライ
ブ行かれた方は更に思い入れ強いんでしょうねぇー、なんたって最後ですからねー。いーないー
なー・・・合唱とかしたんでしょうねー・・・く、悔しい!!(笑)何とかして行けばよかったですホント!

というわけでコールドプレイを紹介してきましたが、自信をもって色んな方にオススメできます。
確かに聴く人によっては優等生すぎて面白くないバンドかもしれませんが、その分窓は多くの人に
開かれているわけで。実際、洋楽もしくはUKロックを聴き始めるのにはもってこいだともいますし。
やはり、何だかんだいってもこのクオリティは凄い。まだまだこれからも楽しみなバンドです。
彼らがどんな道を歩んでいくのか、末永く見守っていきましょう!

■おまけ

現代のトップバンドにしてハリウッド女優をゲット
しちゃった彼もデビュー当時はこんな顔してました。

coldplay03.jpg

ダ、ダサい・・・(笑)なんで大泉洋みたいな髪型してるんでしょうか。アイドルとも
ロックバンドとも言い難い感じですね。ここで封印します。二度と出しません。


そんな彼らも最初の写真のようにたくましくなりました。今ならラーメン屋に入ってこう言うでしょう。

coldplay04.jpg

「おっちゃん、しょうゆラーメン4つね。チャーシュー多めで。」


「いや」


coldplay05.jpg

クリスさん 「やっぱりチャーシュー麺を5つだ。」

おっちゃん 「よ、四人なのに五つご注文なされるんですか?」

クリスさん 「もちろんだ。残りの一つは他の客にプレゼントしてくれたまえ。」

おっちゃん 「さ、さすがトップバンドですね!太っ腹です!」

クリスさん 「 いや、僕は痩せてるよ

おっちゃん 「・・・・・・・・・」


・・・・・すいません暴走しました。まったく関係ありませんね。とにかくコールドプレイ万歳!(笑)
Comment
この記事へのコメント
Fix Youさえあれば生きていける気がします。大げさでなくてほんとにそう思うときがあります。死にたいほど好きな曲です(あれっ何か矛盾してる・笑)
2006/ 08/ 04 (金) 23: 52: 03 | URL | きょん # -[ 編集 ]
こんばんは!
いやいや、今回もボリューム満点の記事ですね。
彼等の音楽から感じるものに関しては、僕も同じような印象を持って接しています。
なので「そうそう」って納得する部分が多かったですね。
後半の写真集?が面白かったです。
(チャーシュー麺のヤツが特に!)
本当にそう言ってそうな顔に見えてくるのがなんとも・・・。

2006/ 08/ 05 (土) 03: 19: 12 | URL | K # -[ 編集 ]
>きょんさん
すごく良くわかります。自分の中では完全に" Yellow "超えてますし。間奏のギターが入ってくるところは本当にグッときますよねぇ・・・そしてその後のコーラスで昇天と(笑)

奥さんを励ます歌だそうで、歌詞も素晴らしいですよね~。"I will try fix you"ですからねぇ。

>Kさん
アーティストピックアップは基本的にアルバムを全部持っているほど好きなアーティストなので自然とボリュームが出てしまっているようです。共感を持っていただけているようで嬉しい限りでございます。

後半の写真に関しては偶然の産物です(笑)最初の写真を探しているときにたまたま同時に見つけたらチャーシュー麺のくだりを思いついてしまって・・・あとは自分を止められませんんでした。まぁ、終始真面目に語る記事ではないんで、これといってブレーキも掛けてないんですが。
2006/ 08/ 06 (日) 22: 08: 08 | URL | Fafnir # ZHdMNSY6[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。