Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Riot City Blues / Primal Scream
2006年 06月 26日 (月) 21:29 | 編集
Riot City Blues
"Riot City Blues" / Primal Scream

8thアルバム。前評判でも前3作のエレクトロ・打ち込み系サウンドから脱却し(というかただ飽きた
だけ)、4thアルバム" Give Out But Don't Give Up"のようなロックンロール路線へ回帰すると散
々言われていたが、実際に今作から受ける印象は4thのそれとはちょっと違ったものである。確か
にブルースもカントリーも聴けるからサウンド的には一番近いんだろうけど、今作にはあの時期の
ヘロヘロ感(もちろんお薬から来るやつですね)は無く、ひたすらストレートで清々しいロックンロー
ルが鳴っている。彼らの、サウンド面でのギアチェンジにはもう慣れていると思っていたが、まさか
ここまで裸一貫のロックンロールを奏でるとは思わなかったので面食らってしまった。

彼らは常に、その時々のロックンロールを自分達流に吸収・提示してきた。ある時はアシッド、ある
ときはブルース、あるときはエレクトロ。確かにそれはロックンロールと呼べるものだったが制作に
は必ずドラッグがつきまとった。そのため、今まで彼らに肉薄したロックンロールを奏でることは不
可能だったが、今作ではそれがいきなり可能になっている。いつだったか、「今はベテランバンドが
自らのキャリアを祝福するような作品を出し続けている」と書いた覚えがあるが、この世界一と言っ
ても良い「ダメ男バンド」もその例に漏れないのだから、今いかにロックシーンが充実しているかが
感じられる(単にドラッグの量が減っただけじゃねぇのという意見もあるが)。正直、個人的な最高傑
作は「XTRMNTR」で、こういう直球・硬質ロックンロールは苦手なのだが、今どれだけのバンドがこ
んなやさぐれたロックンロールを鳴らせるかを考えると、これもアリかもと思ってしまう。

★★★☆ ( 2006 )
Comment
この記事へのコメント
いつもブログ見させてもらってます。
いつもこのブログを楽しく見させてもらってます。
俺はサマソニは毎年、大阪なんですが、見てるアーティストがほとんど被ってて思わず笑いました…!

いきなりなんですが、昨日プライマルのZepp福岡行ってきました!  Newアルバムからのセットはやはりイマイチでしたが、エクスターミネーター、イービル、スクリーマからのセットはやっぱりぶっとび!!
2006/ 09/ 12 (火) 11: 26: 06 | URL | サスケ # -[ 編集 ]
>サスケさん
書き込みありがとうございます。いつも見ていただいているとは光栄です。UKロック好きのサマソニはかぶりますよねやっぱり(笑)

プライマル見たんですかー!いいですねぇ。自分もいこうかと思ったんですが新作がちょっと・・・って感じだったんで。でも正直エクスターミネーター、イービル、スクリーマのセットは・・・見たかった('・ω・`)
2006/ 09/ 12 (火) 18: 47: 11 | URL | Fafnir # jzIU5DHQ[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。