Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Artist Pickup 04 : Massive Attack
2006年 06月 23日 (金) 23:30 | 編集
仕事にまだ慣れてなくて、いまいちリズムが掴めず生活がちょっと崩れてしまいました。
なので最近をちゃんと音楽を聴く時間が無かったんですが、今日やっと時間が出来ましたので
気合を入れて「 Artist Pickup 」いってみましょう。それでは、ドウゾ。

massive01.jpg
恐くないすか?近寄ってきたら間違いなく逃げますよ(笑)

今回は Massive Attack ! 偶然にも(?)またサマソニ出演アーティストです。彼らは
3-D , Daddy G , Mushroomの3人でデビューしました。元々はイギリスのブリストルで活動し
ていた Wild Bunch というユニットです。3人組とは言っても中心人物が3人というだけでゲスト
ヴォーカルは多いですし、一般的なミュージシャンとは少々違った音楽作りをしていますので
"Massive Attack"というのはアーティストというよりも「ある音楽を奏でる集合体」と言った方が
良いのかもしれません。で、彼らをカテゴライズするのもこれまた難しいんだ(笑)レゲエ、ダブ、
ヒップホップ、ロック、エレクトロニカ等を高次元でミックスした音楽性。心臓を震わせる、低音の
連続。やはり彼らを一言で表現するには 唯一無二 という言葉しかないんでしょうか。


massive02.jpg
う~ん・・・絵になるなぁ

彼らの音楽は個人的な見解を言わせてもらえれば「」のようなものだと思ってます。雨って、
こっちの気分が沈んでる時はとことん気分を沈ませるし、こっちの気分が晴れやかなときは自分
の嫌な部分を洗い流してくれるような気がするでしょ?彼らの音楽も、そういう感じかなぁって。雨
に似ているって言うだけで分かると思いますが、マッシヴアタックは嫌いな人は本当に嫌いだと思
います。雨って嫌いな人多いでしょ?確かに、ポップなメロディがあるわけじゃないし、アゲアゲナ
ンバーだってもちろん皆無なので、普段ポップスばかり聴いているような人には取っつきにくいと思
います(自分も最初に聴いたときはなんじゃこれ状態でした)。でも、普段の生活に疑問を感じなが
ら過ごしている人、夜の雨の中を歩くときに何かを感じる人などは、どこか引っ掛かる部分が必ず
あると思います。では、過去の作品を紐解いてその魅力に触れてみましょう!


Blue Lines
"Blue Lines" ( 1991 )

彼らは今作で文字通り「衝撃のデビュー」をしました。1991年という早い段階から既に彼らは自ら
の音楽性を確立していたんですね。この後の作品に比べればダブ、ヒップホップ色の強い作品で
すが、やはりこのビート感は圧倒的。様々な音楽性がブレンドされているにも関わらずシンプルで
説得力を持っています。踊れもするし、陶酔も出来るのにここまで陳腐にならないっていうのは凄
いよなぁ。実際、これをベストに挙げる人も少なくないです。それとこのアルバムといえばやっぱり
"Unfinished Sympathy"!もう語るのも惜しいぐらい素晴らしい曲。この曲のために今作を買っても
良いかもしれないですね。とにかく素晴らしいです。

Protection
"Protection" ( 1994 )

でも続くこのセカンドも本当に良い作品なんだこれが!前作の正統な進化作という感じで、すごく
洗練された作品です。まず冒頭の表題曲"Protection"が素晴らしすぎる。個人的な持論としては
本当に良い曲は「ため息のようなもの」だと思っているのですが(オアシスのノエル氏もそんなこと
言ってたような)、この曲はまさにそんな感じ。彼らの楽曲の中では五本の指に入るぐらいの名曲
です。続く"Karmacoma"も"Sly"も名曲といっても全く問題ないと思います。ちょうどこの頃トリッキ
ーとかポーティスヘッドもブレイクして「トリップホップ」というのが台頭したんですよね(裏ではブリッ
トポップに陰りが)。でも彼らはそういうシーンとは一線を画していましたし、それ系のアーティストの
中では群を抜いていると思います。あと、ドライブにも最適というのを耳にしたことがありますね。

Mezzanine
"Mezzanine" ( 1998 )

彼らはプレッシャーというものを知らないんでしょうか?今作では更にいろんなものを巻き込んで
大きくなってしまいました。ロック的なダイナミズムも取り入れ、最早ダブとかそういう枠に囚われな
い、より唯一無二な音楽性へ。圧倒的に暗く、太く、そして神々しいまでの美しさを放っています。
もう全曲素晴らしいんですが冒頭4曲は、行き先は地獄か天国か分からないスパイラル階段を上
っていくか、下っていくかのよう。なんか言葉にすれば言葉にするほど、今作の素晴らしさから遠の
いていく気がするのでこれぐらいにしますが、本当に素晴らしい作品です。彼らの作品は全て好き
ですが敢えて一枚選べといわれれば"Mezzanine"を選びますね。ちなみに、今作全編に流れてい
る緊張感が何処から来るかというと、メンバー間の軋轢からだったみたいです。今作は相当険悪な
ムードで作られたようで、皮肉にもそれがここまでの神々しさを生み出しているわけですね。


でも、やはり長続きせず2000年にMushroomが脱退。二人になった彼ら。

massive03.jpg
なんか悟り開いてません?


100th Window
"100th Window" ( 2003 )

また追い討ちをかけるように、相棒Daddy Gも子育て中につき休養ということで、ほぼ3-Dのみで作
られた"100th Window"。今までの「黒さ」は抜けて、エレクトロニカに接近した無味無臭のサウンド
になりました。3-Dは前作には無い暖かみがあると語りますが実際に音が語るのは、強迫観念を音
にしたかのような陰鬱さです。彼らの作品の中ではもっとも賛否両論が激しい作品でもあります。
でも個人的にはこき下ろしている人が言うほど、ひどい作品には思えないのです。確かに全編ダー
クなナンバーばかりですが、ジャケットのように精神が粉々に崩壊していくような危うさと美しさがあ
って、他の作品にはない「特別な何か」が宿っていると思えて仕方ないからです。何度も聴いている
と抜け出せなくなりましたね、自分は。後は聴いてもらってから皆さんに判断していただきましょう。


書いてみて分かったのは本当に彼らの音楽を言葉にするのは難しいということ。とにかく聴け!
としかいいようが無いんですよ(笑)そこでまだ聴いたことのない方に朗報!

Collected
"Collected" ( 2006 )

ベスト盤が出ております。聴いたことない方はこれを買って一気にその魅力を体感し、既にファン
の方は新曲"Live With Me"を目当てに。この新曲が素晴らしい曲なんですよね、ホントに。歌を前
面に押し出したスピリチュアルな曲です。自分もまだベスト買ってませんがこの曲のために買おう
かと思ってます。来年初頭にリリースといわれる新作も、俄然楽しみになってきます。


そして最後に書かなければならないのが

massive04.jpg

祝・サマソニで来日!


うぉ~楽しみすぎるぅ!

・・・・でも

Toolと被ってるんだよぉぉ!!!!ヽ(`Д´)ノウワーン
もうこの際コインで決めようかな・・・。


-関連ページ-
Massive Attack 公式HP
"Live With Me" PV ( You Tube )
"Butterfly Caught" PV ( You Tube )
"Teardrop" PV ( You Tube )
"Protection" PV ( You Tube )
"Unfinished Sympathy" PV ( You Tube ) 
Comment
この記事へのコメント
いいですねー!今回も楽しく読ませていただきました!!写真に対するコメントも絶妙で(笑)。

私はまだMezzanineと100th Windowしか聴いてないんですよね~。この際コンプリートしようかと計画中なんですが、またもや6月の怒涛の新作ラッシュに飲み込まれそうです…。

サマソニほんとに迷いますねぇ。実は回数だけでいうとToolよりマッシヴのほうが聴いてるんですよ~。
2006/ 06/ 24 (土) 01: 59: 12 | URL | きょん # -[ 編集 ]
おおっ!
Massive Attackじゃないですかぁ~。
名前は知ってたんですが、聞いた事は無かったので、とてもためになります。

それと、私事ですが、移転先のブログに来て下さって、ありがとうございます。
移転の際にHNを「優」→「ゆう」に変えました。
これからも末永くよろしくお願いしますね☆
2006/ 06/ 24 (土) 16: 42: 34 | URL | ゆう # -[ 編集 ]
二回続けてのコメントすいません。
もし、良かったら私のブログからリンクを貼らせていただけないでしょうか?
2006/ 06/ 25 (日) 11: 38: 12 | URL | ゆう # -[ 編集 ]
>きょんさん
毎回アーティストピックアップへのコメントありがとうございます。参考にさせてもらって
ます。マッシヴいいですよね~。冗談抜きでマッシヴの作品は全て傑作レベルだと
思うんで初期作も是非聴いてみてください!

でもそうすると更にトゥールかマッシヴかどちらにしようか迷うと思いますが(笑)
自分は最近マッシヴのライブ音源を聴いてしまいましてマッシヴ:トゥール=8:2
という感じになってしまいました。最後まで悩むだろうなぁ。

>ゆうさん
コメントありがとうございます。はっきり言わせてもらいましょう!マッシヴを聴いていない
のはもったいないです!(笑)・・・と価値観を押し付けるのは良くないですが、本当に本当に
素晴らしい音楽をやっていますよ。これを機にレンタルでも良いですから一度触れてみては?

リンクもちろんオッケーですよ~。というかこちらからも貼らせて頂きますね!
これからも是非遊びに来てください。
2006/ 06/ 26 (月) 06: 01: 24 | URL | Fafnir # 0/N/aytc[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。