Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Nine Inch Nails / [ With Teeth ]
2005年 06月 16日 (木) 18:07 | 編集
nineinchnails_withteeth.jpg
Nine Inch Nails / [ With Teeth ]

生身の男

4thアルバム。トレント・レズナーという人は内に秘める闇の部分を圧倒的な音圧、
音数で表現してくる、しかもそれが多くの人の心と共鳴していくというあまり類の見ない
アーティストである。そして、その思いは作を追うごとに肥大化していった。その肥大化
の到達点としてあまりにも壮大な傑作「 The Fragile 」があったように思う。そして6年の
(濃密な)月日は経ち今作 [With Teeth] は完成した。

今作を聴いたら誰もが「NINってこんなにシンプルだったっけ?」と思うに違いない。今までの
ような、闇を全て音楽にぶちまけるような作り方ではなく、デモと言っていいくらいのシンプル
な音になっている。音の構築というよりはソングライティングに重点が置かれているという感じ。
この6年の歳月、彼はアルコール中毒、ドラック依存という地獄のような状態を乗り越え、シラフ
の状態でアルバムを作ったのだから、こんな音になっているのは当然かもしれない。この作品
には 「 ポップ 」という言葉さえ似合いそう。( これがポップって言える時点で、今までどれだけ
の音を出してたか・・・ )実は、最初に聴いたときは今までと違いすぎて面食らったんだけど、
聴けば聴くほど「NINの音楽」に変わりはないと安心してくる。内なる表現の肥大化として膨れ
上がったトレント・レズナーはここへきて漸くただここに一人立つ、生身の男となった。

★★★★☆ ( 2005 )
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。