Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画 : タイヨウのうた (感想編)
2006年 05月 11日 (木) 23:10 | 編集
taiyonouta.jpg

「タイヨウのうた」
監督 : 小泉徳宏
出演 : YUI , 塚本高史 , 麻木久仁子 , 岸谷五朗 他
( 2006 )

先日の予告どおり「タイヨウのうた」の試写会へ行って来た。予定よりも早く着きすぎて開場まで
30分あったのでその辺でブラブラしているといつの間にか行列が出来ててビックリした(笑)まぁ
その後すんなりと入場できたから良かったけど。で、見る前に空腹がきて、さらに眠気まで襲って
きたので、「あ、これ今日は最後まで見られないな」とか「集中できなくて、感動なんて出来ないか
もな」と思ってたんだけど・・・

泣いた つД`)

見事に泣いた。涙が頬を伝うのを4,5回感じた(笑)「泣かされた」んじゃなくて「泣いた」。これ重要。
ではなるべくネタバレを含まないように感想を述べようと思います。



思ったよりもずっとずっと良い映画だった。まず最初に思ったのは YUI の存在感の凄さ。スクリー
ンに始めて登場した瞬間に「ああ、これなら2時間埋められるな」と本気で思った。彼女の歌ってい
るときの存在感は色々なメディアを通じて感じていたのだが、スクリーンでもそれが発揮されてい
たので、彼女の持って生まれた才能を感じずにはいられなかった。やっぱり凄い、この人。当然の
ごとく、映画の中で歌っているときはさらに凄かった。オーラ出まくり。

もうひとつ良かったのは「死」に重点を置くのではなくて「生」に置いていたこと。「死ぬのが悲しいね
」っていう映画だったらお涙頂戴になって泣けないかもしれない。でもこの映画では死を知りつつも
懸命に生きていこうとする=歌っていこうとする、その意思に涙を流さずにはいられなかった。これ
はYUI自身の楽曲にも共通するテーマだと思う。実際にその意思を忠実に反映する曲「 Good-bye
Days 」が流れたときは、何故だか自然と涙が溢れてきた。これ買うわ、たぶん。

見る前の不安要素もうまく解決されていたように思う。その不安要素とはYUIの演技と、見る前に話
の内容が予測できたこと。まずYUIの演技だが、確かに拙さはあるもののこの映画に限って言えば
全く問題ないと思う。逆にその拙さから初恋のときの煩わしさや、恥ずかしさなどがうまく映し出され
ていた。また、他の俳優陣が上手く支えていたと思う。次に内容が予測できたことだが、みなさんお
分かりですね。僕みたいに泣いた人間がいるって言うことは、それでも全然OKって事ですよ(笑)

どうやらこの作品の監督は新人さんみたいで。それを知ってYUI起用をなるほど、と思った。何故な
ら今しか出来ないから。もしこれが売れた監督で有名女優を使って同じストーリーをやるなら観客
に別の意識が働いてしまう。でも今だから、少し拙い演出も、少し拙い演技も素直に許せてしまう。
どんな映画も正当な、厳しい評価を受けなければならないっていう人なら別だけど、そういう映画も
許せるっていう人なら、きっと楽しめると思う。また、この映画がちゃんと評価されれば監督もYUIも
もっと大きな存在になってしまうので、今後こういう見方はもう出来なくなると思う。そういう意味でも
今見ておくべき映画であることは間違いない。ものすごく、大きな起伏のある展開があるわけではな
いし、大作・名作と呼ばれる作品でもないと思うが、素朴で純粋な力作といえるものであると思う。

- 関連ページ -
タイヨウのうた公式HP
"Good-bye Days" PV
↑のPVは映画を見てない人なら映画を見たくなり、見た人なら泣きそうになるというこの上なく
卑怯なものです(笑)これ作ったスタッフグッジョブ。
Comment
この記事へのコメント
この歌、いい曲ですね~v-16大好きですv-22
2006/ 09/ 03 (日) 13: 31: 23 | URL | えりん♪ # -[ 編集 ]
>えりん♪さん
初めまして。コメントが遅れてしまってすいません。

YUIの"Good-bye Days"は本当に良い曲ですよね。映画の世界観との相乗効果もあって感動を増幅させてくれます。

新曲も良い曲ですよね!
2006/ 09/ 06 (水) 03: 13: 29 | URL | Fafnir # HLdkuL/2[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
先日の予告どおり「タイヨウのうた」の試写会へ行って来た。予定よりも早く着きすぎて開場まで30分あったのでその辺でブラブラしているといつの間にか行列が出来ててビックリした
2006/06/11(日) 21:14:29 | ai~ずRoom
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。