Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Mr.Beast / Mogwai
2006年 05月 10日 (水) 07:43 | 編集
Mr.Beast / Mogwai
"Mr.Beast" / Mogwai

5thアルバム。ポストロックとかエレクトロニカは「匿名性」の罠に陥りやすいジャンルである。ロッ
クには歌があり、詩があり、見るべき対象が存在するががそれらには無い。あるのは音楽のみ。
それは音楽の可能性を広げもしたが、大衆性という意味ではある一定の限界に制約もした。それ
がある種のスノッブ的な空気感も作り出した。その中でも数少なく、輝きを放っていたのがモグワ
イというバンドである。1作目から静寂→轟音というスタイルを確立し、ポストロックをひとつ上の段
階へ押し上げ、一躍脚光を浴びた。が、それはまた大いに利用された。ありとあらゆるところでこ
のスタイルは使い尽くされ、当の本人たちはこのスタイルから離れてしまった・・・。

"Mr.Beast"というタイトルがあらわすとおり、今作ではあの轟音ギターが復活している。それを長
尺ナンバーのうちに「静→動」と入れるのではなく、3、4分台の曲単位で分けていく手法。これによ
って、まるで波が引いては戻っていくように「静」と「動」を感じ、アルバム全体が1つの曲のように聴
こえる。" Glasgow Mega-Snake "や" Travel is Dangerous "のように特出した曲があるものの、
それさえも何か全体的な「大きいもの」に集約される感覚。「繰り返される諸行無常」とはよく言った
ものだが、大きな自然を目の前にしてそう嘆くしかなかった、なんとなくそんなことを感じられるアル
バムである。なぜタイトルに「Mr.」を付けたのか、このMogwaiの成長を見れば明らかである。スタイ
ルは真似され、消費されていったが、どうやらそんな所とは無縁の場所にいるらしい。

★★★★☆ ( 2006 )
Comment
この記事へのコメント
素敵なレビューですね。試聴のみで結局買ってないのですが(汗)。あるムーヴメントの始まりになった人たちって、その後どうやって続けていくか難しいとこですよね。いろんなシーンで見られることですが。
2006/ 05/ 11 (木) 00: 52: 18 | URL | きょん # -[ 編集 ]
お褒め頂いてありがとうございます。いいですよーこの作品。モグワイの集大成って感じです。
そうなんですよ、あるムーヴメントって言うのは一過性のものですぐ終わってしまうんですよね。
でもやっぱりオリジネイターは残るんだと思います。ポストロックと呼ばれるものに関して言えば
モグワイとトータスは別格なわけですしね。いつか聴ける機会があれば聴いてくださいね!
2006/ 05/ 11 (木) 08: 58: 58 | URL | Fafnir # HYF34T6c[ 編集 ]
レビュー拝見しました。
素晴らしい内容で思わず自分の文が恥ずかしくなりました(^^;
ブートレグのCDも集めるほどMOGWAI好きな私ですが、やっぱ彼らの魅力はライヴでこそ最大限に発揮されると思います。
一度でもあのライヴを体験すると、CDでは到底物足りなくなりますヨ♪
今年のフジロックにも来るので楽しみです(^^)
2006/ 05/ 13 (土) 14: 26: 12 | URL | WOLFGANG # Dc/xdYY6[ 編集 ]
お褒め頂いてありがとうございまーす。でもMOGWAIを教えてくれた
のはWOLFGANGさんなんですよ?(笑)前作の時に。そのとき自分はMuse
がオススメですよ!って言った気がします。しっかし素晴らしいですよ彼らは。

ライブそんなに良いんですか!?今年フジロックには行かないと思うんで
いつか単独で来日したら絶対に見に行きたいと思います。
2006/ 05/ 13 (土) 14: 57: 14 | URL | Fafnir # 7yO0oXSA[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。