Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Column] Albums Of The Year 2010
2010年 12月 31日 (金) 16:54 | 編集
ついに今年もこの企画です。2010年間ベストアルバムです。20枚を短いコメント付きで紹介していくスタンスは例年通りです。あくまでも個人的趣向に基づいているものですので、気軽にお楽しみください。では、どうぞ。

≫ "[Column] Albums Of The Year 2010" の続きを読む...
スポンサーサイト
[Review] My Beautiful Dark Twisted Fantasy / Kanye West
2010年 12月 31日 (金) 12:07 | 編集

" My Beautiful Dark Twisted Fantasy " / Kanye West

 5thアルバム。これはヒップホップにおける「サージェント・ペパーズ」となりえるか。その議論すら有効と思えるほど今作は野心に溢れる作品になっている。VMAでのやらかした一件など、色々と物議を醸すことの多い男がその「認められたい、認めさせたい」という自己顕示欲の塊を一気に放出したかのようだ。肥大にして誇大妄想的、いやはや圧倒的なアルバムである。
 一体何から書き始めればよいのか戸惑うのだが、まずその豪華なゲスト陣から始めるにしよう。今作に参加したアーティストはPusha T, Rick Ross, T.I., Drake, Common, Jay-Z, Eminem, Lil Wayne, John Legend, Fergie, Rihanna, Elton John, M.I.A., Seal, Beyoncé Knowles, Kid Cudi, Mos Def, Santigold, Alicia Keysなどなどここには書ききれないぐらい。ジャンルも世代も異なる人選で、今作のありとあらゆるところで楽曲を彩る。しかしゲストに押されるどころか、それを掻き分けて主張をするのが他でもないカニエ・ウェスト。カニエ印のサンプリングセンスがあり("POWER"における"21st Cenruty Man"のあまりの嵌まり具合に舌を巻き、"Blame Game"のAphex Twinには意外性に思わず笑ってしまう)、ストリングスやピアノも効果的に用い、「俺の美しく暗いねじれた幻想」をラップし、また歌う。白眉は"Runaway"。控えめなイントロから始まりカニエの傷心が吐露され、エモーションな瞬間へと昇華されていく名曲だ。
 これだけ言っても、全く言い足りていないという憂慮が拭えない。それほどまでに聴きどころが多い巨大なアルバムだ。それだけに全ての音楽を愛する人に何かしら引っかかるポイントがあるはずで、是非手にとって噛み締めて欲しいと思う。

★★★★☆ ( 2010 )

2010年12月の購入記録
2010年 12月 30日 (木) 10:56 | 編集
2010年12月の購入記録です。もう今年も終わりですね。

新作
・" TRON Legacy " / Daft Punk
・" MIXTURE " / Dragon Ash
・" The Age Of Adz " / Sufjan Stevens

旧作
・" Savane " / Ali Farka Toure
・" Acadie " / Daniel Lanois

DVD
・" インセプション (Blu-ray) "
・" 天空の城ラピュタ (Blu-ray) "

音楽5点、映像2点とまあ普通の年末って感じですね。新作では映像がモロにツボだったトロンのサントラがこれまたツボでした。旧作ではずっと欲しかったAli Farka Toureが素晴らしいアルバムだったので年末年始に聴きたいですね。さて今年も終わり、年間ベストアルバムを近日中に発表します!
[Review] Pattern & Grid World / Flying Lotus
2010年 12月 29日 (水) 23:43 | 編集

" Pattern & Grid World " / Flying Lotus

 5年ぶりに開催となるSonarSound Tokyoへの出演も決まった、フライング・ロータス(ということにかこつけて完全に時期はずれな新作をレビューしてみる)。今年発表され話題になった"Cosmogramma"からわずか5か月しか経っていないのにEPをリリース!しかもこれがアウトテイク集じゃないって言うんだから、やはり乗りに乗った男は違うということなんだろうか。ジャケットもなかなかイッちゃっているが、音の方も奇天烈。"Cosmogramma"の延長線上にあるものから、全くの別ベクトルまで多岐に渡り、7曲18分という中で最大限に濃密な空間を創造している。全体としてジャズやヒップホップからの影響よりも、ぶっ飛んだビートとシンセなどの上モノの音像で遊んでいるという印象。しかもすごくクオリティーの高い遊びなのが恐ろしいところ。そのリリースペースの早さ、多彩さは一時期のエイフェックス・ツインを彷彿とさせる。音そのものが放つ狂気と表裏一体の快楽性という点も似ている気がする。世間から雲隠れするところは見習わないで、今後もやり放題な作品を生み出して欲しいなぁ。

( 2010, EP )

- 関連記事 -
・[Review] "Cosmogramma"

[Review] Swanlights / Antony and the Johnsons
2010年 12月 28日 (火) 14:15 | 編集

" Swanlights " / Antony and the Johnsons

 4thアルバム。前作"The Crying Light"からわずか1年と9ヵ月という短いスパンで発表された今作だが、その楽曲の多くが前作と同時期に作られたものだそうだ。確かにそれが納得出来るほど、方法論は前作のそれを踏襲している。ピアノと歌を中心に配置し、ストリングスと控えめなパーカッションで適度に装飾するという手法。あくまでもミニマルに、シンプルに徹することで歌の存在感が浮き彫りになっている。何気なく流していても、ふとした瞬間に耳を奪われてしまうような歌声の磁場は健在で本当に稀有なアーティストであることを実感する。ただ、今作は前作に見られた崇高=手の届かない世俗を超えた存在としての彼だけではなく、別の面を見せているのが特徴的だ。
 別の面とは何かといえば、動や生といった活き活きとした声の表情のことである。それがポップさに繋がるところまでいっているかは分らないが、少からず今作に聴きやすさをもたらしていると言えるだろう。またそれは包容力や慈しみの感情とも言えて、前述した崇高さや孤独さとの揺らぎの中で奥行きや情感の豊かさに繋がっている。中でも白眉がリードシングルにもなっている"Thank You For Your Love"で、この曲の「生きとし生けるものが幸せでありますように」的な強い肯定が前作には無いエモーションを放出する。一方で"Fletta"ではビョークとの2度目の協演を果たし、たった4分半の中で鬼才同士の対決(敢えてこう書く)による緊張感を生み出している。完成度の高かった前作に負けず劣らずの充実作。

★★★★

- 関連記事 -
[Review] " All Days Are Nights: Songs for Lulu " / Rufus Wainwright
[Review] "The Crying Light"

[Review] ライフイズビューティフル / Plingmin
2010年 12月 21日 (火) 23:01 | 編集

" ライフイズビューティフル " / Plingmin

2ndアルバム。ネットでも話題になってないし、インタビューすらろくに見つからないと思っていたらメジャーとの契約を終えていたのね。自主レーベル「BEGINNING Jr. RECORDS」を立ち上げ、今作へと至ったということだそうな。メンバーチェンジなどもあり、なかなか試練の時であったらしく、それが今作にも色濃く表れている。セルフプロデュース&一発録りで制作された今作は、前作に存在していた天然さは鳴りをひそめ、シリアスかつ力強いロックサウンドが全体を支配している。あくまでも前進を示す"ライフイズビューティフル"、シューゲイザーからの影響をみせる"リアル"などはアルバムの世界観を凝縮している良曲だ。他にも英語詞であくまでもクールに徹する"Lose you"、ちょっとくるり的メロディな"足跡"などのちょっと本筋からはハズした楽曲もあり、引出しの多さを感じさせる。ただ、1stではっちゃけていたバンドが2nd以降でシリアスになるなんてことは往々にしてあるわけで。今後はこの路線よりももっと音楽的に冒険してかつ天然ボケを発揮した作品を期待したい。引き出しを持っていながら、ほわーんと表現してしまうこのバンドの最大の魅力なのだから。今作は轍として必要だった一枚ということで。

★★★ ( 2010 )

- 関連記事 -
[Review] "プリングミン "
[Review] Tron Legacy / Daft Punk
2010年 12月 20日 (月) 20:31 | 編集

" Tron Legacy " / Daft Punk

 映画「トロン・レガシー」のサウンドトラック。この映画にダフト・パンクが起用されると知ったとき、そのハマリ具合というかあまりの違和感の無さに納得した覚えがある。「トロン」が発するレトロフューチャー感は彼らの世界観と共鳴するところであるし、彼らが2007年に行ったライブdafunkfestでもトロンを彷彿とさせる演出があったりしたし(そもそもデザイン自体がSF)。実際、映画にも彼らはDJ役としてカメオ出演してまるでバーチャル世界の住人かのようだったが、音楽の方も映像表現との高いレベルでの調和が図られている。
 主にオーケストラを用い高揚感と緊張感を高めながら、時折独自の色=レトロフューチャー感を出していく。王道/大作映画らしい体裁とSF映画ならではの電子音楽の要素が混在する、実に正しい仕事と言えるだろう。彼らにオーケストラの楽曲をも作れてしまう才能があったことには驚きを隠せない。しかし、そのそつの無さに音楽的な面白みが欠けているという声もあるだろう。だが、この手のサウンドトラックの中では最大限に個性というものを落とし込めている方ではないかと思う。独特のエレクトロ・サウンドが鳴る"The Grid"、"Derezzed"、"Tron Legacy (End Titles)"辺りは「ダフト・パンクのニュートラック」として十分に聴きごたえのある楽曲となっているし、中盤の"Arena"~"Rinzler"、そして"Solar Sailer"は生音と電子音の重なり方にセンスがあって素晴らしいし。今作は、例えばヴァンゲリスの「ブレード・ランナー」のように音楽単体としても傑作という地平には達していないのかもしれないが、映像と音楽の相乗効果という意味では良い所に着地しているのではないかと。今作での経験が個人名義にどう還元されていくか、それが今から楽しみだ。

( 2010, Soundtrack )

- 関連記事 -
00年代ベストアルバム
[Live Report] dafunkfest ( 2007.12.09 )
[Review] " Alive 2007 "
[Review] Small Craft On A Milk Sea / Brian Eno
2010年 12月 19日 (日) 15:24 | 編集

" Small Craft On A Milk Sea " / Brian Eno

 近年はコールドプレイやU2の諸作のプロデュース、デヴィッド・バーンとの共作"Everything That Happens Will Happen Today"(個人的08年ベスト)など外仕事が多かったイーノ御大。今作は久々の個人名義(インスト作品としては10年ぶり!)にして、なんとワープからのリリース。ギタリストのレオ・アブラハムス、プロデューサーのジョン・ホプキンスとのジャム・セッションから生まれているそうで、御大曰く「これらは音のみで作られた映画’sound-only movies’」だそうな。
 確かにサウンドトラックにあるような、意味性の排除と、2~3分の曲が不完全なままに終わるようなぶつ切り感がある。小品集と言ってもいいかもしれない。静謐なアンビエントトラックで幕を開け、獰猛なビートが鳴るトラックやダークな不協和音が支配するエレクトロニカ、ギターを大きくフィーチャーしたトラックなどへと展開していき、再度アンビエントで幕が閉じる。サウンドは全編に渡って無機質で統一性が無いが、それがかえって想像力をかきたてるような余白となっているのが素晴らしい。アートワークも現実か想像か分からない微妙なラインで美しくこれまた大きな余白を楽しめる。結果的に御大の目的は完璧に果たされていて、流石現代を代表する音楽家だなと。これからも是非ワープとの関係を続けていただいて、作品を発表していって欲しい。

★★★☆ ( 2010 )

- 関連記事 -
[Review] " No Line on the Horizon " / U2
Albums Of The Year 2008

[Review] MIXTURE / Dragon Ash
2010年 12月 16日 (木) 19:54 | 編集

" MIXTURE " / Dragon Ash

 9thアルバム。ここ最近の降谷建志はライブのたびに「ミクスチャーロックは好きですか?」と叫んでいる。ラップメタルと共に国内で隆盛を極めたこのジャンルは911以降あっという間に衰退し、彼の言うところの「絶滅危惧種」となった。だからこそカウンターとして叫ぶのであり、その集大成としてこのアルバムがある。ロックの復権、ラウドな音楽を響かせたいという骨太な意思と、ラテン、エレクトロニカを通過して培った卓越した演奏技術という繊細さを以って鳴らされる全12曲。ここでは所謂ミクスチャーロックの方程式―ラップ、跳ねるリフを多用しながらエモーショナルなサビへと展開する―がかなり分かりやすい形で表現されていて、リズムなどはかなり複雑であるにも関わらず聴き苦しさは全くない。ドラゴンアッシュを昔好んで聴いていた人、エネルギーが溢れて止まない若い人には十分に訴求する内容と言えるのではないだろうか。
 が、しかし一方で今作のマッチョさに辟易してしまうのも事実だ。ロックこそ善とするような一面的な態度は実はドラゴンアッシュとしては異例とさえ言えて(彼らの作品史上一番マッチョだと思われる"LILY OF DA VALLEY"でさえ"静かな日々の階段を"、"Lily of da Valley"、"花言葉"という中性的な楽曲があった)。それが幼稚さであったり、底の浅さに繋がっているように思えていまいち乗り切れない。あれもこれも好きだから入れてみた、それが結果としてロックとして鳴れば良いっていうスタンスが進化を促していたんじゃないの?降谷建志はバンドに対して求められていること/やりたいことが俯瞰で見えすぎていて、バンドで出来ることを単純化しすぎているのではないかと。もっと音楽的に遊んでも良いと思う。それともう一つ、リズム以外はごくごく一般的な音(過去のミクスチャーロック)の要素をなぞっているだけで面白みがない印象がある。例えばギターのリフなどは散々聴いてきたような類のものであるし、そのサウンドも凝っているとは言い難くのっぺりとしている。まあこの点に関しては敢えて分かりやすくすることで間口の広さを取ったのかもしれないが、このマンネリ感ではロックの復権は程遠いだろうなぁ。個人的には"FREEDOM"と2作つづけてガッカリで、そろそろこのバンドに対して見切りを付け始めてしまっている・・・。

★★★

- 関連記事 -
・[Review] SPIRIT OF PROGRESS E.P.
[Review] AMBITIOUS
[Review] FREEDOM

[Review] Pretty Hate Machine: 2010 Remaster / Nine Inch Nails
2010年 12月 07日 (火) 07:08 | 編集

Pretty Hate Machine: 2010 Remaster / Nine Inch Nails

 長年音が貧弱だといわれ続けていたNINの1stアルバムがトレント・レズナー監修の元リマスターされた。ジャケットもスタイリッシュに生まれ変わり、最早新しい作品が生まれたような新鮮さがある。彼のこういうものづくりに対して徹底的に拘る姿勢がすごく好きだ。なんかもうこの時点で感涙もので、買ってないなら迷わず買え!今すぐ注文だ!と言い切って終わらせたいところだが、それだと不誠実なのでもう少し書こう。
 リマスタリングされることによる恩恵として、今まで聴こえずらかったサウンドが明瞭になることは他のアーティストの作品でも証明済みだが今作はそれだけに留まらない。今作ではドラムサウンドとギターサウンドの強靭化もドラスティックに行われており、一聴して変わったと分かるぐらい前のものとは一線を画している。普通リマスター作品と言えば出来るだけオリジナルに忠実にするというところに重きが置かれると思うので、ある意味で豪快なリマスタリングと言えるかもしれない。確かに今作での"Head Like a Hole"や"Terrible Lie"などは現代的で、ライブ盤"And All That Could Have Been"で表されている感触に近い。そういう意味では本来の姿=トレントが望む姿に生まれ変わったということになり、NIN史の中でもかなり重要な出来事だといえるだろう。
 個人的には1stアルバムは前述したサウンドが理由であまり聴いてこなかったのだが、今回のリマスターを機に初めてちゃんと向き合ったという気がする。そして向き合って分かったのが、この時から彼の作るサウンドは緻密でそして独特であったということ。この時点でNINサウンドは既に確立へと向かっていたのだ。

( 2010 , Remaster )

-関連記事-
[Review] The Social Network / Trent Reznor And Atticus Ross
[Review] How to Destroy Angels / How to Destroy Angels
[Review] 鉄男 THE BULLET MAN 完全オリジナル・サウンドトラック盤

[Live Report] Jonsi (2010.12.04)
2010年 12月 06日 (月) 00:06 | 編集
・Jonsi @ 新木場Studio Coast ( 2010.12.04 )



 ライブには大きく分けて2種類の要素があるように思う。ひとつはパフォーマーとオーディエンスの間に一枚の見えない幕があるような、ショーとして世界観を観る(感じる)こと。もうひとつはパフォーマーとオーディエンスが一体となり、感動を共有すること。両者もライブの大きな魅力である。これは多かれ少なかれどのアーティストも持っているものであると思うが、シガー・ロスは世界的にみても前者に長けたアーティストといえるのではないだろうか。神秘的で、神聖とさえいえる彼らの音楽は圧倒的な構築美を誇り、ライブでも圧倒的な完成度を保つ。しかし今回はソロでのライブであり、シガー・ロスの音楽を再現することは出来ないし、本人もそれを望まなかった。この日のライブは、ソロというフットワークの軽さを効果的に活用した前者から後者への移行であった。
 まず、この日の彼はミニマルな編成で客の前へと(本当にさらっと)姿を現した。彼の息遣いまでもまでも感じられるような限られた音の中で、深遠な森のような世界観を提示した。客席は何か凄いものを前にする緊張感で覆われ、同時に客の目を、心を一気に掌握してしまう。その後もスローで繊細な楽曲が続く。音数が増え、幻想的な映像がバックに流れ、ますますその緊張感が高まっていく。この緊張感の中で彼の歌声はまさに天からのお告げのような崇高さで響き、演奏もそれをより高めるように鳴らされていく。しかし、"Go Do"を境に緊張は雪崩のように崩れ落ちる。そして代わりに立ち上がってくるのは、生命の躍動のようなアグレッシヴさだ。強烈なドラム/パーカッションが迫り、ヨンシーも動かずにはいられないように右へ左へと移動し、そして搾り出すように叫ぶ。これまでの張り詰めた雰囲気を一気に開放し、抑えることの無いエモーションが会場を満たしていく。そこには歓喜が溢れていて、最後に向かって加速するように終演を向かえた。
 シガー・ロスで培ってきた世界観を描きながらも、最後には全く別の場所へ着地してしまう、彼の多様性あるいは芸術家としての絶好調ぶりを見せ付けられた一夜だった。音楽が表現しうる様々な側面を、2時間足らずで表現できる人間がいったい他にどれだけいるだろうか。そう考えると本当に貴重なものを目にしたのだという充実感で胸がいっぱいになる。

・Set List
01. Stars In Still Water
02. Hengilas
03. Iccicle Sleeves
04. Kolnidur
05. Tornado
06. Sinking Friendship
07. Saint Naïve
08. Go Do
09. Boy Lilikoi
10. Animal Arithmetic
11. New Piano Song
12. Around Us

- Encore -
13. Stick And Stones
14. Grow Till Tall

- 関連記事 -
[Review] "Go" / Jonsi
[Live Report] Sigur Ros ( 2008.10.26 )

[Review] SENSE / Mr.Children
2010年 12月 04日 (土) 01:19 | 編集

" SENSE " / Mr.Children

 2年ぶり、初のシングルリリース無しとなる15thアルバム。個人的なミスチル観としては"深海"がベストで次点が"Q"、"DISCOVERY"、最近の作品はほぼ横ばいでそれなりに聴き続けていて。そこまで熱心なミスチルリスナーとは言えない私であるが、今回のアルバムは先に挙げたような作品の匂いのようなものを感じてなかなかのファーストインパクトがあった。内省的なナンバーが立て続けに続く冒頭や、それでもなお"fanfare"のようなポップなクライマックスを用意してくるあたりなど(耽美な"ロザリータ"、ミニマルな"蒼"からの流れっていうのが良いんだよなー。おかげでこの曲の過剰さが好きになってしまった)。そもそも「もう いいでしょう!?これで終わりにしよう」という曲から始まり、「Forever そんな甘いフレーズをまだ信じていたいんだよ」で終わるこの多面性というか矛盾がいかにも彼ららしいじゃないか。そんなわけで最初はこれは現代の"深海"かもしれない!なんて興奮していたわけだけど、聴き重ねるうちに興奮は下降線を辿ってしまった。その一番の原因は、あまりにも肉迫とした表現に欠けることだ。近年の彼ららしい詰め込みすぎなアレンジが今作でも満載で、せっかくの良いメロディーや歌に集中をさせてくれない。それだけではなく、ストリングスやブラス、キーボードが職業的に響きすぎてサウンド自体がプラスチックのような無機質ささえ放っているように思える。"365日"や"Prelude"といった楽曲はもっとシンプルなアレンジの方がグッと来るような気がするのだけどなぁ。何よりギターやベースなんて必要最小限しか鳴ってないわけで、バンドとしてこれでアリなのかと勘ぐってしまう。今回のアルバムで自分達の音楽を再定義したいという思いも少なからずあったと思うのだけれど、なんとも中途半端に着地してしまったという印象が拭えない。

★★★ ( 2010 )

- 関連ページ -
・[Review] " SUPERMARKET FANTASY "
・[Review] "HOME"

2010年11月の購入記録
2010年 12月 01日 (水) 22:24 | 編集
2010年11月の購入記録です。年の瀬も迫ってきましたね。

新作
・" Small Craft On A Milk Sea " / Brian Eno
・" Fantasma (Remaster) " / Cornelius
・" ROCK DUST LIGHT STAR " / Jamiroquai
・" My Beautiful Dark Twisted Fantasy " / Kanye West
・" SENSE " / Mr.Children
・" Pretty Hate Machine (Remaster) / Nine Inch Nails
・" BAD TIMES " / RIP SLYME
・" Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2 " / 宇多田ヒカル
・" UTAU " / 大貫妙子&坂本龍一
・" ライフイズビューティフル " / プリングミン

ダウンロード
・" SPIRIT OF PROGRESS E.P. " / Dragon Ash

DVD&Blu-ray
・" トイストーリー・トリロジー・ボックス (Blu-ray) "
・" バック・トゥ・ザ・フューチャー 25thアニバーサリー Blu-ray BOX "

音楽11点、映像2点と、思いのほかリリースラッシュだったということでしょうか。しかもドメジャーどころが多いですね。ミスチルと宇多田ヒカルですもんね。でも個人的に一番興奮したのはNINのリマスターだったりします。さあ今年も年間ベストを決めませんとねー。
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。