Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NO DISTANCE LEFT TO RUN / Blur
2010年 02月 24日 (水) 06:58 | 編集

" NO DISTANCE LEFT TO RUN " / Blur


" All The People (Blur Live At The Hyde Park) " / Blur

 2009年に再結成(解散してないんだけど・・・)を果たしたブラー。その再結成の裏側のみならず、彼らの軌跡を総括するドキュメンタリーがこの"NO DISTANCE LEFT TO RUN"。嬉しいことにライヴ映像も別ディスクに収録された2枚組み。正直言えばBlu-rayで出して欲しかったところなんだけどね。

- NO DISTANCE LEFT TO RUN -
 ブラーと言えば、ブリットポップを牽引したバンドの片一方である(当然もう片方はオアシス)。で、ブリットポップを描いたドキュメンタリーといえば記憶に新しい2002年の"Live Forever"というのがある。これはブリットポップに関してはかなり分かりやすい形で総括されたもので、当事者であるオアシスやブラー、パルプの他にマッシヴの3Dなんかが出ていたりしていた。そして、そこで描かれるデーモン・アルバーンはとても悲しそうで、苦い表情をしていて、トラウマが残っていることが理解できた。だから、今作を見る前はまた欝なデーモンを見なくてはならないのか、と身構えたんだけども・・・。
 意外なことにメンバーはスッキリとした表情であった。長年会っていなかったデーモンとグレアムが再開の後、人のうちの玄関で「もう大丈夫だよな?」と確認しあったそうだ。そのエピソードからも分かるように、メンバー間の人間関係の軋轢、その原因の一つであるブリットポップは過去のものとしたらしい。過去のものとしたからなのか、メンバー本当に良く喋る。結成前の人間関係、ツアーの馬鹿げた1ページや、ブリットポップの渦中の気持ち、再結成にいたる動機までほぼ全ての軌跡を。しかもそこに恐らくファンが誰も見たことがないであろう、デーモンの演劇学校時代の映像などを交えていて、「ここまで見せるのか!?」と驚き。一方で良く見たブリットポップ当時のデーモンの嫌らしい笑顔があったりしてあぁぁと思ったり。全て含めて同窓会の笑い話のようになってしまっているのは大人になったということなのかな。
 ブラーのデーモン・アルバーンという人は考えてから前に進む人だと思っている。ブラーのイギリスを押し出す方向性、その後のブリットポップから離れる英断、ゴリラズの活動に至るまで、コンセプトを決めてそれを突き通す。その批評的な感性は物凄く鋭い。しかし鋭いのみならず、遊びの部分も当然のようにわきまえている人で作る作品はどこまでもポップになる。正直、今の英国では最も才能のある音楽家の一人であると思う。でもそんな考える人だからこそ、予想の範疇を超えてしまったあの狂乱は人一倍苦しんだのではないだろうか。それが象徴的に映し出されているのは09年のグラストンベリーにおける"Tender"でのマジ泣きの映像。感極まったとか、客席に影響されたとかではなく一人でワンワン泣いているのだ。本当に色々なことがあったんだろうなぁ・・・曲中ということもあって、フラッシュバックしたんだろうなぁと思わせるような感動的なシーン。ここを見れば確実にデーモンが好きになると思う。
 そして、ラストはハイド・パークのステージへと歩く映像で終わる。ライヴ映像を見るのにこんなに完璧なお膳立ては無い。

- All The People (Blur Live At The Hyde Park) -
 ドキュメンタリーから見ると、このステージがどれほど特別な場所なのかが分かる。それに呼応するするようにセットリストもまた凄い。一切無駄な曲がない、そして名曲の嵐(ちなみに自分の好きなアルバムは"Think Tank"なんだけれども、ライブではやはり昔の曲の方が向いていると思う)。
 正直、パークライフ以前の曲に関しては録音の歌声と今の歌声が違いすぎて、「おっさん頑張っているなー!」という感想しか出てこなかった。声に年輪がありすぎて、録音のあの屈託の無さが無くなっているのだ。だが、だからこそ客席にバンバン歌わせていたり、体を揺らしたり、まさにお祭り騒ぎに相応しい楽曲達になっていた。特に本当にフィル・ダニエルズが登場した(!)"Parklife"は思わず画面の前で「パーライ!」と叫びたくなるほど。そして逆に、歌声の年輪がここまで活きるのか!と思った曲もある。"Beetlebum"、"Tender"、"The Universal"などは録音には無い渋みがあり、感動的なハイライトになっていた。"Tender"に関してはそれは反則だろ!っていう曲展開にしていて、思わず泣きそうになってしまった。歌詞も今歌うほうがずっと説得力がある。
 そして音に関してもミックスがちゃんと成されているのか、他のDVDよりもずっとクリア。楽器の音の一つ一つがしっかり聴けて、大満足(やっぱグレアムのギターの音は良い)。そして観客の声もでっかく入っていて臨場感も○。CDのほうはそのままぶち込みましたっていうブート丸出しだったのが残念だったけども。
 しっかり太って、髪も後退したデーモンだけれども、なぜか今が一番カッコよく見える。確かに美男子度という点では過去のジュード・ロウばりも凄いのだが、今のスッキリとした笑顔が微笑ましいし、カッコいい。これからも彼のこういう姿を見ていきたいものだ。

 ライナーノーツには「ブラーを終わらせる」ためにライヴをしたと書いてあったが、本当にそうなんだろうか。ブリットポップは終わったとしても、ブラーは終わらないんじゃないだろうか。むしろ、新しく続いていくんじゃないだろうかと思える。いつになるのかは恐らく本人達も分からないだろうけど、必ず帰ってくるような気がするなぁ。だからこそ書きたい、"Blur Is Back!"

( 2010 , Documentary, Live )
スポンサーサイト
Heligoland / Massive Attack
2010年 02月 23日 (火) 19:48 | 編集

" Heligoland " / Massive Attack

 5thアルバム。前作"100th Window"が駄作扱いされていることに物凄く納得がいっていない。あのエレクトロニカのレイヤーで構築された過去最高に陰鬱としたテンションはあれはあれで評価に値するものだと思うし、ジャケットにもあったような崩壊した人間の様相や時代の雰囲気を上手く捉えていたと思うから。とはいってもその拒絶反応も分かるなと思うわけで。確かにあれは3Dのソロプロジェクト性が高く、ブラックミュージックからの影響や彼ららしい人の入れ替わり立ち代りを見ることができないアルバムだった。その意味では今作は"MEZZANINE"以来参加となるダディーG復活、多彩なゲスト陣など、彼ららしい共同体的なアルバムになっていると言える。
 今作の音はEPからも推し量られたように、今までよりも遥かに音数の少ないアルバムである。曲によってはほぼベースとドラムしか主張しない曲もあったりして、かつて3Dが「ベースとドラムだけでも十分曲になるんだよ」と言っていったのを思い出す。しかし、その音が圧倒的な説得力とクオリティを持っているのが彼ら。ブラッシュアップし、足し算ではなく引き算によって生み出されたそのサウンドにムダは無い。鳴るべくして鳴らされた音によって、エレクトロニカ、ダブ、ソウル、ロックなどを行き来しつつ、途方も無く美しく、気だるく、漆黒のマッシヴ・サウンドになっているのは流石(特に好きなのは神々しいストリングスの鳴り方)。この前のポーティスヘッドの新作でも思ったが、やはりブリストルの雄は自分達の音楽に対して誠実だ。そして、前述した多彩なゲスト陣とのケミストリーもまた素晴らしい。"Girl I Love You"における攻撃的なベースとホレス・アンディの歌声はお墨付きのハマりだし、"Paradise Circus"のホープ・サンドヴァルの物悲しさも良い。そして"Saturday Come Slow"の現在のデーモンにしか出せない哀愁が漂う白眉の出来。
 ただ、少なからず言われている通り、このアルバムは今までと比べると「軽い」のかもしれない。サンプリングを多用した重層的なサウンドや、規格外ともいえるブンブンとした重低音が無く、緊張感が欠如していると。確かに自分も最初はそう思ったし、非常に分かる意見である。が、自分は新しいマッシヴ像を打ち出していることと、全体に漂うエレガントさに感服した。何より、音の奥深くのオーラまで感じさせるような曲を作れるのは彼らしかいないとすら思う(彼らに対し、並々ならない畏敬の念を抱いているからこその意見なのかもしれないが)。いつもの通り次はいつになるの分からないが、それまで長く愛聴出来そうなアルバム。

★★★★☆ ( 2010 )

-関連記事-
"Splitting the Atom"レビュー
"Protected: Massive Samples"レビュー
"Artist Pickup 04 : Massive Attack"
Paramore ( 2010.02.13 )
2010年 02月 21日 (日) 21:49 | 編集
Paramore @ 新木場 Studio Coast ( 2010.02.13 )



 実は自分が彼らに対する認識というのは、曲はいいけど、ロックバンドとしてはどうなのという半ば信用し切れていないものだった(アルバム買ったのに)。明らかに先人の教えをそのまま実践したようなポップパンク/エモであるし、ヘイリーの容姿ばかりクローズアップされるこの状況はどうなのよと。しかし、このようにチケット代を払って見に行ったように、後からその考えこそが浅はかであると反省したのは言うまでもない。そもそもこのバンドはアイコンになりえるヴォーカルがいて、タイトな演奏があって、良い楽曲があって、良いバンドでないはずは無い。自分がイメージで勝手に勘ぐっていただけで、評価されるべくして評価された真っ当なロックバンドである。この日の彼らを見て、その考えが確信へと変わった。

 客電が落ち、演奏が始まり、デカデカと「PARAMORE」の文字がせせり上がっていくスタートで客のテンションは沸点に。"Ignorance"、"crushcrushcrush"、"That's What You Get"という次々とアッパーな楽曲を放ち、ダイバーも続出。ギターがバーンと鳴って、シンガロング出来て、ギターロックの最も良い部分ってこうだよなぁということを再確認させるような勢いを感じた。その後もライブ向きの曲が最後の"Brick By Boring Brick"(パラッパ~)まで続き、結局最後まで沸点が持続していたのではないだろうか。曲数があまり多くないこともあるかもしれないけど、本当にあっとういう間に「駆け抜けた」ライヴだった。でも振り返ってみると、ただ単なるノリの良いバンドではなかったことが思い出されて、それは"The Only Exception"、"Decode"の2曲があったから。どちらも現時点での最新作に収録されている楽曲だが、前者がアコースティックな面、後者が「トワイライト」の世界観ぴったりのダークな面を見せている。こういうのを中間に挟んで来るあたり他のエモ勢とは一線を画す、未来を感じるバンドだなぁと思うのである。そしてこの2曲のヘイリーの歌声が本当に凄かった(最初はあれ?調子悪いかな?と思ったけど)。

 いわゆる「ロック的な」ライヴってどういうものを言うのだろうか。キャーではなくウォーと雄たけびを挙げるような様子?みんな揉みくちゃになって汗だくになる感じ?内面のエナジーを開放することが最優先されるような空間?もしそれがロック的なライヴの構成要素なのだとしたら、この夜は紛れも無くロックバンドのそれだった。

01. Ignorance
02. crushcrushcrush
03. That's What You Get
04. Looking Up
05. Careful
06. Let The Flames Begin
07. Let This Go
08. The Only Exception
09. Never Let This Go
10. Pressure
11. For A Pessimist, I'm Pretty Optimistic
12. Where The Lines Overlap
13. Decode

- Encore -
14. Misery Business
15. Brick By Boring Brick
19972007 / Boom Boom Satellites
2010年 02月 04日 (木) 06:30 | 編集

" 19972007 " / Boom Boom Satellites

 メンバー自身が選曲、編集、マスタリングまで施した、ベストアルバム。ここまでベストに力を入れて制作している人っているのかってぐらい真面目で、ほとんどオリジナル持っているのに敬意を表して購入してしまった。そして今作は、海外で先にデビューし英語で歌っているからという理由で洋楽チャート1位を獲得したらしい(なんじゃそりゃ)。確かに最近の彼らのマスに対するアピールは以前にも増しているし、フェスなどで見てもしっかりと受け入れられていると思う。ブレイクビーツ、テクノ路線からロック寄りにシフトしたことが大きいのだろうが、基本的には彼らは職人気質だと思うので聴きやすくなっていたとしても手抜きは一切ない。だから初期のアングラな感じが好きだという意見もよく分かるのだけど、自分はブンブンに関しては全時期好きなんだよなぁ(変わり続けるって言うのも美しいと思うしね)。
 2枚組みで約140分あるのだが、今作が流れというもの意識した最早「新作」と呼べるものになっているので、中だるみは感じない。むしろ彼らの歩んできた道が一切妥協無く歩まれていたことをまじまじと見せ付けられて、ますます好きになってしまう不思議なベスト盤になっている。ベストっていったら10年分もあれば普通は懐かしいと思うんだけど、そういう懐古は一切無いな。リズムに対する探究心、音の緻密さ、快楽性どれをとっても一級で国宝級の彼らの道筋を是非たどるべし。今まで聴いていた人はもちろん、入門編にもオススメな極上のベスト。さて、次作に関しては"BACK ON MY FEET"しかまだ判断材料が無いわけだが、このベストを経てまた新たな旅立ちになっているのかな?今作が「新作のように」作られた分ベストに負けないぐらい素晴らしいものを作りたいと語っていたが(相変わらず真面目で微笑ましい)、今からそれが楽しみだ。

( 2010 , Best Of )
BLESS / L'Arc-en-Ciel
2010年 02月 02日 (火) 16:14 | 編集

" BLESS " / L'Arc-en-Ciel

 36thシングル。ラルクのバラードということで"あなた"、"Pieces"、"瞳の住人"の系譜となる壮大なものになっている。でもtetuya(未だにこの呼び名に慣れない)曲ほど甘くなく、ken曲ほど特異な楽曲でもなく("叙情詩"など)、比較的ストレートなのがhyde曲らしい。3月にはメンバーそれぞれの楽曲を分けたベストが出るということだけど、しかし本当に「次は誰の曲なのか」なんていうことに注目するバンドはこのバンドぐらいだなぁ。
 最近の彼ららしく、音が凄く柔らかい。エレキギターが主張するのは後半になってからで"Pieces"ほどノイジーではなく、アコギやオーボエが前面に出される優しい仕上がり。あくまでも「オリンピックらしく」ということであまり冒険できなかったと想像できるが、こういう場面で望まれたものをポンと出せるのがラルクの強みかと。そりゃあオリンピックに"花葬"みたいなダークな楽曲は合わないしそこを突いても仕方ないと思うので、単純に彼らの新曲が出たということを楽しんでおこうかな。もっと濃いものは今後期待ということで。でも歌詞的には十二分に彼ららしくて安心した。「君へと夢は今目の前で煌めいてる 花弁の舞降るような雪が祝福した」だもんなぁ、相変わらず耽美でファンタジック。やはり本質的に世相に影響されることはないんだな、彼らは。オリジナルアルバムはまだ先だろうけど首を長くして待っていよう。

( 2010 , Single )


-関連記事-
"VAMPS"レビュー
"NEXUS4 / SHINE"レビュー
"KISS"レビュー
2010年1月の購入記録
2010年 02月 01日 (月) 14:03 | 編集
2010年1月の購入記録です。2010年代最初です。

新作
・" Zephyr " / Basement Jaxx
・" 19972007 " / Boom Boom Satellites
・" IRM " / Charlotte Gainsbourg
・" Colorful Talk " / GARI
・" ABBOT KINNEY " / LOVE PSYCHEDELICO
・" COMPLETE SICKS " / The Yellow Monkey

旧作
・" finding forever " / Common
・" Universal Mind Control " / Common
・" Time The Conquror " / Jackson Browne
・" Black Album " / Jay-Z
・" Shades Of Blue " / Madlib ※
・" Dangerous " / Michael Jackson
・" The Spirit Of Apollo " / N.A.S.A
・" Rising Down " / The Roots
・" はらいそ " / 細野晴臣 ※

DVD&Blu-ray
・" THIS IS IT (Blu-ray) / Michael Jackson

※は中古商品

音楽15点、映像1点。とりあえず旧作にヒップホップが多いのは、セールでものすごく安く売っていたからです。イエモンとブンブンのベストはどちらも最高。THIS IS ITは映画館ほどの感動を味わえませんでした・・・でも未見のメイキングが楽しみ。2月は7年ぶりのマッシヴ・アタックが!たぶん2月はそれを聴き続けるでしょう。
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。