Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
COMPLETE SICKS / The Yellow Monkey
2010年 01月 30日 (土) 05:34 | 編集

" COMPLETE SICKS " / The Yellow Monkey

 この20周年を機にイエモンの作品を色々と聴き返してみた(そういう人多いんじゃないだろうか)。で、聴き返してみると、存在していたのが奇跡と思えるような、否、逆に胸張って自分達と同じ時代には彼らが居たんだよって言いたくなるような、稀有な存在だったことを再確認する。黄色い猿という自虐を背にしスタートした彼らは白人が作り上げたロックというものに真摯に向き合いつつも、時にそれを捨て独自のロックというものを模索し続けた。吉井和哉のどこをどう切っても日本的/歌謡曲的な歌詞とメロディーによってある意味変てこな、世界でも類を見ない日本人のロックになった。そしてそれがこの国でビッグセールスを叩き出してしまったわけで、英雄視せざるを得ないのである。そんなイエモンの一つの極致とされる"SICKS"がこの度、リマスターされ、デモが収録され、当時のレコーディング風景と現在のインタビューがDVD化され、完璧なブックレットが付属された完全盤"Complete Sicks"として生まれ変わった。
 リマスターを聴いて気付かされたのが、このアルバムが持っている熱量の凄さだ。というのも、今まで自分はこのアルバムを冷めた、一線世間から離れた場所で傍観しているようなアルバムだと思っていて。むしろ王道へ向かったのはこの後で、今作に関してはタイトル通り病んでいるアルバムとさえ思っていた。それは例の"OK COMPUTER"における「学芸会バンドを撃ち落してやりたい」だとか、"TVのシンガー"だとかダークな言葉や視線が散りばめられていたからだ。勿論曲の密度という意味では昔から興奮して聴いていたのだけどね。しかしリマスターによって音の分離が進んだ音源では、演奏の迫力や溢れるアイデアが瑞々しく迫ってくる。ジャケットが青から赤に変更されたように、燃え滾る炎のような絶頂のバンドが見せる煌きを感じるのである。要は地味でマニアックなんかじゃなくて、変てこだけどど真ん中ストライクっていう地点まで到達するという奇跡的なことをしていたのだなぁと。それに今になって気付くとは・・・実に恥ずかしい。インタビューで吉井和哉が語った「この頃は恐いことが無かった」という言葉が象徴している、聴けば本当の凄さが分かる。
 彼らが好きだった人にはもちろん、彼らに触れたことの無い若い人にも是非手にとってもらいたいリマスターである。が、少々値段が張りすぎるのが問題かな。もっと手に取りやすいように廉価盤も用意して欲しかったところだ。だって日本語のロックが好きで、日本の誇りである今作を聴かないっていうのは本当に勿体無いことなのだから。

( 2010, Remastered )
スポンサーサイト
00年代ベスト
2010年 01月 27日 (水) 06:11 | 編集
自分の00年代ベストはこんな感じでした。皆さんと結構被ってますかね?00年代は自分が初めてリアルタイムで体感できたとともに、10代を駆け抜けた年代でもあるので思い入れは強いです。洋楽30枚、邦楽20枚選んでみました。洋楽は王道と好みが半々、邦楽は思い出が大半って感じですね。ではドウゾ。

※ルール
・1アーティストにつき1作(好きなのに偏りすぎても面白くないので。だからリストの背景には上がってるアーティストの他の作品もあると思ってください)。
・2000~2009年にリリースされたアルバム。基本的に年数はオリジナル盤に沿ってます。ライヴ盤、サントラ盤は除外。

Discovery

洋楽
01. " Discovery " / Daft Punk (2001)
02. " Lateralus " / Tool (2001)
03. " No Line On The Horizon " / U2 (2009)
04. " Endless Summer " / Fennesz (2001)
05. " ( ) " / Sigur Ros (2002)
06. " Demon Days " / Gorillaz (2005)
07. " Still " / Nine Inch Nails (2002)
08. " XTRMNTR " / Primal Scream (2000)
09. " Vespertine " / Bjork (2001)
10. " Everything That Happens Will Happen Today " / Brian Eno & David Byrne (2008)
11. " Absolution " / Muse (2003)
12. " Mali Music "/ Mali Music (2002)
13. " The Private Press " / DJ Shadow (2002)
14. " In Rainbows " / Radiohead (2007)
15. " Drukqs " / Aphex Twin (2001)
16. " Body Riddle " / Clark (2006)
17. " The Boy Who Knew Too Much " / MIKA (2009)
18. " Manafon " / David Sylvian (2009)
19. " Felt Mountain " / Goldfrapp (2000)
20. " A Crow Left To The Murder " / Incubus (2004)
21. " Want Two " / Rufus Wainwright (2004)
22. " Tour De France Soundtracks " / Kraftwerk (2003)
23. " Elysium " / The Velvet Teen (2004)
24. " Sea Change " / Beck (2002)
25. " Scorpio Rising " / Death In Vegas (2002)
26. " Sleeping With Ghosts " / Placebo (2003)
27. " Hello Waveforms " / William Orbit (2006)
28. " Ma Fleur " / The Cinematic Orchestra (2007)
29. " Slope " / Steve Jansen (2007)
30. " Ultravisitor " / Squarepusher (2004)

邦楽
01. " Loophole " / Sketch Show (2003)
02. " FLYING SAUCER 1947 " / Harry Hosono & the World Shyness (2007)
03. " Heart Station " / 宇多田ヒカル (2008)
04. " The Lie Lay Land " / World's End Girlfriend (2005)
05. " HIGHVISON " / Supercar (2002)
06. " INDEPENDIENTE " / Dragon Ash (2007)
07. " ROENTGEN " / HYDE (2002)
08. " Full of Elevating Pleasures " / Boom Boom Satellites (2005)
09. " 勝訴ストリップ " / 椎名林檎 (2000)
10. " Sensous " / Cornelius (2006)
11. " Lust " / Rei Harakami (2005)
12. " キリテ " / 光田康典 (2005)
13. " Nunki " / Kahimi Karie (2006)
14. " out of noise " / 坂本龍一 (2009)
15. " Chambers " / Steady&Co. (2001)
16. " Five " / RIP SLYME (2001)
17. " KISS " / L'Arc-en-Ciel (2007)
18. " Q " / Mr.Children (2000)
19. " 8 " / The Yellow Monkey (2000)
20. " e・go・is・tick " / GARI (2005)
ABBOT KINNEY / LOVE PSYCHEDELICO
2010年 01月 27日 (水) 01:57 | 編集

" ABBOT KINNEY " / LOVE PSYCHEDELICO

 5thアルバム。USベストアルバムを経て届けれらたこのアルバムは、良い意味でシーンを無視した気持ちの良いアルバムになっている。否、彼らのアルバムが時代に併合したり、気持ちよくなかったことはいまだかつて一度も無かったのだが、今作は過去最高に耳なじみが良いかもしれない。生楽器の音がよく響くようにプロダクションされたサウンドに、ところどころ効果的使われるバンジョーやマンドリンの響き、練られたメロディー。割と歪んだロック的なアプローチ(ものすごくステレオタイプだけど)をしていたここ数作から、グッと60-70年代のオールドロックに寄ったといえるのではなかろうか。これはデビュー当時を遥かに凌駕するものであり、原点回帰ならぬルーツ回帰と呼べる。そこに乗せられるKUMIのヴォーカルもデビュー当時の倦怠を抱えたものから比べると朗々と響き、歌そのものを楽しんでいるようなそんな充実感を感じさせる。今年で10周年らしいが、その事実があまり重要でないように思えるぐらい自然体な作品。でも思えば彼らがマイペースでなかったことは無かったわけで、それは一度ブレイクをしたユニットとしてはありえないし、凄いことだと思う。あくまでも音楽ありきを自然体で実行する隠れた高才たちの貫禄の作品。これはふとしたときについつい聴いてしまうだろうな。

★★★★ ( 2010 )
Twitter始めた
2010年 01月 21日 (木) 05:01 | 編集
今流行り(ちょっと遅いか)のTwitter始めてみました。
アカウントは fafnir_dpimpct です。是非是非皆様のお仲間に
入れてやってください。とはいえ今はtwitterの活用法がいまいち
分からないのですが・・・。

ま、あくまでも自分の中心はこのブログですので。ここに力点を
置きながら、mixi、twitterとやっていきたいと思ってます。

http://twitter.com/fafnir_dpimpct
Colorful Talk / GARI
2010年 01月 19日 (火) 05:09 | 編集

" Colorful Talk " / GARI

3年ぶりの3rdアルバム。The Prodigyなどに代表されるロックとクラブ・ミュージックの
融合の延長線上にあり(デジタル・ロックなんていう言葉もあったね・・・)、Boom Boom
Satellites meets Rage Against The Machine的なサウンドで新世代ミクスチャーとして
狼煙を上げたGARI。確かにそのサウンドは00年代に出るべくして出るような納得と確かさ
を感じたものであったし、一部では凄く評価されていたように思える。今作はそのミクス
チャー・サウンドからかなりエレクトロ寄りに。
 ヴォーカル・エフェクト、前面に出るシンセなどまさに今爆心地であるエレクトロ/ニュ
ーレイヴのサウンドを参照したよう。タイトル通り、今までと比べて情報量が多く煌びやか
になった印象だ。元々ブンブンやマッドの子供的存在でありそこまで独自性のあるサウンド
ではなかったが、今回はそれに輪をかけて時代に併合したと言えるかも知れない。だが、そ
れがあまりマイナス・ポイントにならないのは彼らが持つ機能性があるからこそ。ブンブンほ
どストイックではなく、マッドほど凶暴ではない、良い意味でのなんちゃって感がある。フッ
クのあるベタなメロに歌詞(マッドばりに聴き取れないが)、ロック的なカタルシスの作り
方が上手く、聴いていて単純に気持ち良いという地点にたどり着いているのは中々凄いこと
ではないだろうか。動きのあるエレクトロが好きならオススメだし、フェスやイベントでガン
ガン鳴っているのが容易に想像できる。
 このGARIもフランスで大人気らしいが、日本のデジタルを駆使したロックってなんで海外で
先に人気が出るんだろうな、不思議でしょうがない。海外なら供給も多いと思うのだけど。
やはりそれは家電の国日本ならではの機能性ということになるんだろうか。

★★★ ( 2010 )
MUSE (2010.01.12)
2010年 01月 14日 (木) 16:24 | 編集
MUSE @ 日本武道館 ( 2010.01.12 )



いやー何から書き出して良いのか分からないほど密度の高いライヴであったように思う。
マシューの見る度に変態度の増すギター・プレイ(ギ、ギター・ソロが・・・!)&宇宙
人と交信するような歌唱、縁の下を支えるだけでなく主張しまくるリズム隊(ドラム&
ベースだけのジャムもあり)、レーザーなどの派手な演出に負けない相変わらずの超絶
過剰な楽曲の数々を録音よりも遥かに破格にしてしまう力量、ドムさんのガチャピンコス
プレに垣間見えるお茶目さ、などなどいかにもミューズらしいライヴだったってこと。
でも書き出すと他にも色々とありそうなので、以下主に"The Resistance"の楽曲に絞って
書いていきたい。

最新作の楽曲の素晴らしいこと、素晴らしいこと。初聴きの時は正直いまいちかもって思っ
た楽曲達だが、聴いていくうちに馴染み、そしてライヴでは2,3割り増しで良い。やっぱり
つくづくライヴバンドだな、彼らは。今作の楽曲はライヴで聴くとスケールがとても大きく
て、武道館だからこそ似合う。盛り上がりまで溜め、BPMも遅め、しかし美しいメロと静と
動のコントラストが際立っている。"Uprising"はチョーキングまでワクワクしてなったと同
時に大歓声、"United States Of Eurasia"も「ビヨー!」で大歓声だし、"Unnatural
Selection"なんて怪物みたいな曲だと思ったほど。他にも"Guiding Light"、"Undisclosed
Desires"なんかは今まで以上に聴かせるナンバーになっていたし(特に後者のエレクトロニ
ック・サウンドが心地良い!)、今のミューズに隙はない。もう演歌・メタルバンドとは誰に
も呼ばせないのだ、誰が呼んでいるかも知らないが。

そして武道館だけのレア曲は"Dead Star"と"Can't Take My Eyes Off You"のカバー!
どっちも絶対やらないだろうと思ったから歓喜。今後もしかしたら一生お目にかかれない
かもしれない。しかーし、"Stockholm Syndrome"はやって欲しかったぞー!代表曲のひとつ
じゃないかぁ!言っても無駄ということは分かっているけども。

もう武道館は狭い、それだけのパフォーマンスだった。次はさいたまスーパーアリーナか
フジorサマソニトリクラスでしょうに。まだまだ大きくなりそう、このバンドは。

-Set List-
01. Uprising
02. Map of the Problematique
03. Supermassive Black Hole
04. New Born
05. Interlude
06. Hysteria
07. Guiding Light
08. Dead Star
09. Nishe
10. United States Of Eurasia
11. Can't Take My Eyes Off You (Andy Williams cover)
12. Helsinki Jam
13. Undisclosed Desires
14. Resistance
15. Starlight
16. Time Is Running Out
17. Unnatural Selection

-Encore-
18. Exogenesis: Symphony, Part 1: Overture
19. Plug In Baby
20. Knights of Cydonia


-関連記事-
"The Resistance"レビュー
"H.A.A.R.P."レビュー
2007年来日公演ライヴ・レポート
Albums Of The Year 2009
2010年 01月 03日 (日) 07:30 | 編集
明けましておめでとうございます。明けたらもう2010年代なんですね。
2010年代を迎え撃つその前に2009年のベストをドウゾ。昨年と同様に
20作を挙げて、一枚ずつ短いコメントを添えてあります。あくまでも
個人的趣向に基づいたランキングですので、気楽にお楽しみくださいませ。

≫ "Albums Of The Year 2009" の続きを読む...
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。