Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Graduation / Kanye West
2007年 09月 30日 (日) 17:42 | 編集
kanyewest_graduation.jpg
" Graduation " / Kanye West

3rdアルバム。まず言いたいのは、この異常な聴きやすさは何だろうかということ。いやもちろん今
までのアルバムが難解だったわけではない。だけど、今作の聴きやすさはシーンを見渡してみて
も圧倒的だ(特にクリス・マーティン参加の"Homecoming"はえげつない)。強烈なフックの強さ、
ダフト・パンク参加などからも分かるクロスオーヴァーっぷり、エレクトロ・サウンドの多用。最早こ
れはヒップホップというよりはポップと呼べるかもしれない。だからといってクオリティーが落ちてい
るということは全く無く、トラックは一級だし、アルバムに沢山仕掛けがあったりして最高に面白い。
敢えて言ってしまえば、これは日本におけるRIP SLYMEの音楽に似ている。ただリップと彼の違い
は、より大きな規模で現象を引き起こそうとする気概と型にはまったブラックミュージックへの反抗
の有無だろう。カニエ・ウェストは明らかに全ての音楽ファンを「狙って」きているし、色々な壁を壊
そうとしている。ここまでくると、その先でグラミーも狙っているのも至極当然かもしれない。今年一
番の大作であることは間違いなし。ただ、個人的に残念だったのは、前作の"Diamonds From
Sierra Leone"のような聴いているだけでゾクゾクするような曲が無かったこと。まあ、それを差し
引いても信じられないぐらい完成度高いんだけどね。

★★★★☆ ( 2007 )
スポンサーサイト
最近聴いた作品07 その参
2007年 09月 25日 (火) 08:27 | 編集
なんだか更新を怠っているうちに、買っている新作が新作では無くなっていくのですが(笑)
少しでもそれを抑えるためにコンパクトレビューをドウゾ。作ってくれたアーティストには失礼
ですが、結構さっくりいきます。アルファベット順で。

ash_tofi.jpg
" Twilight of the Innocents " / Ash

思ったより早く出た新作。しかもこれが結構良盤で驚き。でもシャーロットが居ないせいなのか
分からんけど、何となく物足りない。というかいい歳になってきてこのスタイル自体が限界なの
かもしれない、元々青春からスタートしたバンドだったしねぇ。タイトルもなんか青春を大人の視
点から懐古しているみたいだものねぇ。これからアルバムでのリリースはしないそうで、それは
どうなのかなぁ?と思っていたら、案の定非難轟々だったそうな。

kahimi_specialothers.jpg
" SPECIALOTHERS " / Kahimi Karie

客演モノ等を集めた言わば企画物。で、もちろんオリジナルのように統制はまったく取れてない
のだけど、カヒミ・カリィの色々な部分が見えて良いです。というか作曲者の。この人ってかなり
色々な人とコラボレーションしてるけど、やっぱり曲を作りたくなるぐらい魅力的なのだろうか。
すんごい好きだけど、正直そこまで才能に満ち溢れた人ではないと思うのだけど。その辺はやは
り実際に会った人でないと分からないものなのかな。楽曲的にはジャズっぽいのが好き。

mum_gogo.jpg
Go Go Smear The Poison Ivy / Mum

なぜか物凄く久しぶり感がするのは自分だけなのだろうか?で帰ってきたと思ったらなんと7人組
に。いつのまにか大所帯になったのね。音楽的にはいかにもアイスランドって感じの寒々とした音
像から、光が射したポップさというか吹っ切れ感というかそういうものが感じられて非常に気持ち良
い。聴いてて凄く楽しい気分になれるというか。でも音はいい感じに遊んでて、さすがと思ったり。
久しぶりにこういうエレクトロニカをちゃんと聴いた気がする。ジャケットも含め好きです(見よう
によってはちょっと怖いけど)。

samos_kafkahigh.jpg
" KAFKA HIGH " / the samos

最近良く働く、元SBKのSHIGEOの新バンドthe samos。moldという別プロジェクトがちょっと前に
出たばかりなのに、早くも新バンド。しかもメジャー、やる気出てきたのかね。で、このバンド、今
流行のニュー・レイヴっぽい音をうまーく料理してる。というかこの辺の音って元々SHIGEO大好き
なんじゃないの?まあ好きだからやってるんだろうけど、物真似じゃなくて随所に自分のセンスを
散りばめていくのは流石。音がチープでも繊細だし、声がセクシーで荒っぽいことにはならないし。
やっぱこの人の世界観が大好き。特にこのアルバム、後半が美しくてオススメ。

savathsavalas_goldenpollen.jpg
" Golden Pollen " / Savath & Savalas

スコット・ヘレンという男はどれだけ働けば気が済むのか分からん。だってまたプレフューズで新作
が出るんでしょ?というか出たのか。恐れ入りますわ。で、こっちは夏頃にでた別名義。スペインや
らキューバやら民族系生音主体のエレクトロニカ。フォークトロニカって言えばいいのかな。この人
ってプロジェクトにってコンセプトが明確だから聴きやすいよね。もちろんクオリティも高いし。その
中でも一番これが聴きやすいし、これが自分は一番好み。単純なようで、トラックが緻密で何回聴
いても飽きない。プレフューズはかなり神経尖らせて聴くけど、こっちはBGMにも出来るし。

tracythorn_outofthewoods.jpg
" Out of the Woods " / Tracey Thorn

「エヴリシング・バット・ザ・ガールのヴォーカリスト、トレイシー・ソーンが約25年ぶりとなるソロ・ア
ルバムを発表」って凄いな。自分前の時生まれてないじゃないか。そんなことはどうでも良いけど。
このアルバム、正直何度聴いても印象が薄い。全部どっかで聴いたことあるサウンドというか、無
難過ぎるというか。そしてマッシヴ・アタックの"Protection"並みの神々しさを感じる歌声がここには
ない(ただのマッシヴ好きですけど何か?)。あ、もちろんここまで書けば分かると思うけど、あの曲
の歌声はこの人ですよ。やっぱりマッシヴ関連だからといって何でもかんでも手に取るのは止め
たほうが良いのかも。
8月の購入記録
2007年 09月 11日 (火) 19:44 | 編集
やり忘れてました。どうぞ。

20078月
新作
・" We'll live and die in these towns " / The Enemy ☆
・" Untitled " / Korn
・" KALA " / M.I.A.
・" Best " / Penguin Cafe Orchestra
・" KAFKA HIGH " / The Samos
・" Libertad " / Velvet Revolver ☆
・" Icky Thump " / The White Stripes ☆
・" Vexille - the soundtrack - " / Various Artists
・" Penguin Cafe Orchestra - tribute - " / Various Artists

☆はサンプル盤

CD9点、しかも新作のみ&サンプル有と珍しく少ないです。やっぱりフェスがあったりして
購入意欲が少なくなったのもあり、暑くて買いにいこうと思わなかったのもあり(笑)でも
またリリースラッシュが始まりそうなので増えますよ。
2/1 / 中川翔子
2007年 09月 07日 (金) 12:07 | 編集

" 2/1 " / 中川翔子

9/19に発売される"しょこたん☆かばー×2~アニソンに愛を込めて!!~"からの一曲。やっぱり今
回も凄く可愛いです!しょこたん風に言えば貪欲に好きなものを愛しているからこそ成せる、この
楽曲とPVの楽しさ。一聴したときに「もっと崩しても良いかな?」とか、オケがあんまり好きじゃない
とか、歌唱も上手いけど圧倒的ではないかな?とか色々考えたけれど、楽しさが伝わってくる時点
でこのカバーは勝ちではないかと。他のタレントやアイドルが何かを隠して、与えられたものを歌っ
ている印象があるのに比べて、この曲は本当に楽しんでいる気がします。というかしょこたんの場
合それが一番強いし、大きい気がします(笑)前作のカバーも、"空色デイズ"も同じことを感じまし
たし、こういう表現が報われているのは非常に見ていて気持ちいいものがあります。現在いる若手
のタレント・アイドルの中では群を抜いて魅力的だと思います。このまま突き進んでいってほしい
ものです。

というか久しぶりの更新がしょこたんとは・・・(笑)
copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。