Deep Impact
音楽全般を扱っています。主に邦楽、洋楽のディスクレビュー。たまに暴走に走ります。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Review] Mylo Xyloto/ Coldplay
2011年 10月 31日 (月) 00:46 | 編集

" Mylo Xyloto "/ Coldplay

 5thアルバム。コールドプレイほど物語性がなくブレイクしたバンドも珍しい。時代に対して強烈なインパクトを与えるでもなく、キャラやメッセージで推すでもなく、楽曲の良さのみでいきなりトップの地平に辿り着いたと言ってもいいだろう(同時代バンドのMUSEが質的、量的拡大の物語を紡いできたのと対照的だ)。なのでコールドプレイに関してはどんな手で来ようが最終的に楽曲が良ければなんの問題もないというのが持論で。勿論好みの問題で1st、2ndの素朴な感じが忘れられず、今の彼らは云々といった意見も分かるが。そうして今作を一旦フラットな気持ちで聴いてみると、いやまたしても最高級な楽曲が並ぶアルバムになっているではないか。
 1分にも満たない短いイントロから"Hurts Like Heaven"で突如開かれる虹のような鮮やかな世界。数パターンに及ぶエフェクトされたギターの色彩、急かすようなビート、大衆的なエレクトロ使いが調和する高揚感にはいきなり心を鷲掴みにされる。その後もU2の"No Line On The Horizon"収録の"Moment Of Surrender"を彷彿とさせる壁のようなイーノ印シンセとコーラスが印象的な"Paradise"、ライブでのレーザー演出も実に嵌っていた煌びやかな"Charlie Brown"、言わずもがなアンセムな"Every Teardrop Is a Waterfall"など前作で示した情熱を更に拡大化させたような楽曲が並ぶ。後半ではエレクトリックなビートとピアノが前に出る静謐な"Up in Flames" 、アンビエントなシンセがまるでミュージカルのようなファンタジーを演出する"Up With the Birds"などクリス・マーティンが作る美しいメロディーが最大限に活かされた楽曲が用意されていてこれがまた素晴らしい。全編通して聴いてみると巷で言われているような進化だとか手法の変化だといったことはあまり感じず、むしろ根幹となるソングライティングの部分ではデビュー時から全く変わらずに絵を描く絵の具を足したに過ぎないように思える。あくまでも血眼で叫ぶロックスターにはならず、ひたすらに楽曲がもたらす美を追求する姿勢はぶれていないのでは(そしてこれが彼らが敬愛するU2と決定的に違うところ)。インタールードがあまり効いていない、なぜリアーナが?といった細かい突込みも無いわけではないが、そんな彼らの特異性は十二分に味わうことが出来る。

( 2011 )

-関連記事-
・[Review] Prospekt's March / Coldplay
・[Review] Viva La Vida or Death And All His Friends / Coldplay

スポンサーサイト
[Review] Velociraptor! / Kasabian
2011年 10月 07日 (金) 00:27 | 編集

" Velociraptor! " / Kasabian

 4thアルバム。内容についてよりもまず、タイトルが素晴らしい。「ヴェロキラプトル」。ティラノザウルスを倒すことができた唯一の恐竜だということで付けたタイトルだそうだ。T.REXと名付けるほど傲慢ではなく、否しかし恐竜の名前をタイトルにしてしまうぐらいにはバカであり、少年的。何のひねりもないUKロックではなく工夫も凝らすが、マニアック過ぎるわけでもなく(心の兄貴はオアシスと)ビッグになろうする彼らの姿勢にピッタリと合う名タイトルだと思うのだがどうだろう。巷の音楽には牙を剥きながら、グラストンベリーにはヘッドライナーで出たいとかいう発言も然り。
 そして内容的にはこれ以上ないくらい彼らの魅力が詰まっている。1stのマンチェ的な黒いグルーヴ感、2ndの生音を前に出したスタジアムロック、3rdの欧米外の音楽への参照とフォーキーなサイケデリア、作を追うごとに培ってきた音楽的進化がここに結実している。良くも悪くもその時の興味へと引きずられて偏った作品を作ってきた彼らだが、ここへきて中毒的でありながら王道的、有無を言わせないものを作り上げてくるとは驚きであり嬉しくもある。いきなり銅鑼が鳴る仰々しいイントロからズンズンとグルーヴが迫る"Let's Roll Just Like We Used To"、1stのラッドらしさと勢いのあるメロディーが特徴的な名曲"Days Are Forgotten"、後期ビートルズ的なポップなサイケ感を体現した"La Fee Verte"、これぞキラートラック的な激しいエレクトロと劈くようなギターを響かせる"Switchblade Smiles"などとにかく核になる楽曲が全編に散りばめられている。その上、今まで見せてこなかったシンプルさがかえって新鮮な"Goodbye Kiss"、勢いだけで駆け抜ける飛び道具的な"Velociraptor!"、マカロニウェスタンまで参照する"Man Of Simple Pleasures"など癖になるような楽曲もあり実に隙がない。とにかく良い楽曲を作りたいというシンプルな意思が、本来持つ雑食性と大衆性を開花させたマジカルな1枚。割と本気で2011年を代表すると思う。

( 2011 )

[Review] Trans-Love Energies / Death In Vegas
2011年 09月 29日 (木) 23:14 | 編集

" Trans-Love Energies " / Death In Vegas

 前作"Satan's Circus"をリリースしてからお金がなくなったとインタビューで発言したり、その後音沙汰がなくなったりとシーンでの存在感を失ったかのようにみえたデス・イン・ヴェガス。しかしそんな彼らが7年ぶりに遂に還ってきた!通算5作目となるアルバム。
 ロック的なダイナミズムとノイズをエレクトロ/テクノに落とし込んでダーティーでサイケな世界観を形作っていた彼ら。その上、ボビーギレスピーやリアム・ギャラガーなどのロックスターも召喚し(特にリアムの楽曲は彼の歌がトラックに嵌っていて白眉だった)、聴きやすさと間口の広さをも持ち合わせたサウンドは今聴いても当時の勢いが伝わってくる。そんな彼らだが前作にてロック色&歌モノを排し、よりミニマルなエレクトロミュージックへと路線を変更。当時あまりにもひっそりとリリースされたため、あまり話題に上がることは無かったと記憶しているがそれでも熱心に聴いている人も見かけないわけではなかった。そして今作。基本的には前作の路線を踏襲している。ギターサウンドがほとんど存在しないのはもちろん、生々しく響いていたドラムサウンドですら鳴りを潜めている。ヴォーカルも復活はしているものの、歌い上げる感じではなくあくまでも効果としてサンプリング的に用いるに留まっているように思える。"Black Hole"や"Coum"などといった楽曲はノイジーであったりダビーだったりで2ndや3rdの匂いを感じ取れるが、全体としては少し激しめのミニマル・テクノといった趣き。コーラスのサイケな感覚やトラック構築の節々にセンスは感じるものの、音の素材自体が特筆するべきものでないのもあって若干肩透かしを食らってしまったかも。私のようにヴァラエティ豊かなサウンドを期待するのではなく、ストイックなエレクトロ・ミュージックが好きな方にこそ気に入られる1枚となるかもしれない。

( 2011 )

[Review] Finest Hour / Submotion Orchestra
2011年 09月 24日 (土) 00:22 | 編集

" Finest Hour " / Submotion Orchestra

 イギリスはリーズで活動をする7人組によるデビューアルバム。「教会で生演奏のダブステップをやってほしい」という依頼を受けたことが結成のきっかけになったというエピソードが特徴的な彼ら。「教会」、「生演奏」、「ダブステップ」、確かに大いに興味をそそられる話ではある。しかし、実際に聴いてみるとそれは単なるツカミであって、本質的にはそれに囚われない幅広い音楽性が展開されているのに気付く。かろうじてダブステップらしさを感じるのは"Always"、"Pop N Lock"ぐらいで(単にテンポが速いだけ?)。全体を通してみれば、ジャズ、ソウルを基調としつつ生音と電子音を組み合わせ都会の夜を演出するようなクールでゆったりとした世界観で覆われている。ピアノ、ストリングス、ホーンなどが効き、Ruby Woodのような退廃と繊細さを持った女性ヴォーカルを配した楽曲群はMassive Attack、Portisheadなどが培ってきたサウンドを想起させるようだ。また"Closer"あたりのMondo Grossoや、よく比較にされるのを目にするThe Cinematic Orchestraなどとも親和性は高い。絶妙に90'sを振り返りつつ、ダウナーになりすぎないある種の軽さをも手にしているバランス感覚に秀でた好盤。とりあえず"All Yours"を聴いてみて、何か感じるのであれば迷わず手にとっても損はしないはず。

( 2011 )

[Review] Died In The Wool - Manafon Variations / David Sylvian
2011年 06月 05日 (日) 21:34 | 編集

" Died In The Wool - Manafon Variations " / David Sylvian

 タイトルが示す通り、2009年に発表されたアルバム"Manafon"のリミックス/再構築曲 + 新曲6曲が追加された企画盤。少々変則的な形態のアルバムとなっているのは、「英国在住の現代音楽家・藤倉大が『マナフォン』からの6曲の素材をもとに、ストリングスのアレンジ、コンポーズを行うという、ある意味、リミックス的なプロジェクトとしてスタートした」が、おそらくその先が見えて制作意欲が留まらなかったからだろう。" The Good Son Vs. The Only Daughter - The Blemish Remixes -"もただのリミックスアルバムとは呼べないぐらい並々ならぬ熱意を以って制作されたものだったが、デヴィッド・シルヴィアンのリミックスというのはつまりそれに伴うある種の気軽さを排除しているのだ。今回も楽曲の様変わりは凄くて、ストリングスが不穏に鳴る1曲目"Small Metal Gods"からオリジナルの深淵な雰囲気から一転、緊張感を煽るような仕上がりに。他の楽曲でもストリングス特有のキリキリとする不協和音であったり、アンサンブルを発揮するような展開が多く、それが彼の歌声と相まって1秒たりとも気の抜けない音世界が広がっている。一方で"I Should Not Dare"の生音がまろみを帯びて響く纏まりのある美しさであったり、"Snow White In Appalacia"のような躍動感のある生音/電子音が一体となって迫ってくる比較的分かりやすい感動もあり、いち作品として完成度の高さを感じ取れるのではないだろうか。00年代以降ますます脂がのってきていて、限界点が毎回更新されていくようなそんな興奮さえある。もちろん、ずっとついていきます。

( 2011 )

-関連記事-
[Review] Sleepwalkers / David Sylvian
[Review] Manafon / David Sylvian

[Review] Blood Pressures / The Kills
2011年 04月 17日 (日) 16:12 | 編集

" Blood Pressures " / The Kills

 ロックンロール・リバイバルとは一体なんだったんだろうか。ブームとは振り返ってみてみれば虚しいことであるのは常だが、他のものと比べてもその後に残した遺産が圧倒的に少ないように思える。隆盛と淘汰が起こらないままに一気に尻すぼみとなってしまったとも言えるだろうか。リリースする度にしっかり話題になるバンドがいるだけラップメタルの方がまだ健全だったのかなぁと。勿論そんな中にも残ったバンドは少なからずいて、ブームを牽引したザ・ストロークス、最近解散してしまったザ・ホワイト・ストライプス、そしてこのザ・キルズが居た。ザ・キルズはチャートとは無縁であったし、著しく目立ったということも無かったが、それ故にブームをうまく乗りこなした。
 そして4作目。前作でプログラミングなどを取り入れオシャレ化を狙った彼らがデッド・ウェザーへの課外活動を経て、ブルージーなロックへと回帰している―そういった評価が多い今作だが、確かにつんざくようなギターが鳴り響くサウンドは初期を髣髴とさせる内容。ただ、回帰しているかと言えばそれは疑問で、初期の焦燥感や危うい感じというのはここにはない。むしろミドルテンポでも聴かせられる、どっしりとした余裕や貫禄というものが全体を覆っている。前作でのプログラミングもその後の課外活動も経験として今作に活かされており、初期とはまた別の音楽的な豊潤に耳を奪われるのだ。リズムに変化がみられる"Satellite"、前作のプロダクションを更に発展させた"Heart Is A Beating Drum"、ロック・バラード"The Last Goodbye"などは至極全うに彼らの成長を示しているのではないだろうか。ミニマムな体制で一見金太郎飴的または勢い一発に思われる彼らのサウンドだが、今作で音楽性を再編しながら「乗りこなす」ことが出来る理知的な存在であることを証明した。ブームが過ぎた今だからこそ、この適応能力の凄さに驚いてみてほしい。

( 2011 )

[Review] Mind Bokeh / Bibio
2011年 04月 10日 (日) 19:38 | 編集

" Mind Bokeh " / Bibio

 気温も一気に高くなったようで、東京でも桜が咲いた。この1か月続いていた緊張感や不安感が少しほぐれていくような気分がする。まだまだ予断を許さない状況ではあるのだけれど、少しずつ日常が戻ってきて音楽も楽しめるようになってきた、そういった感覚はツイッターのTL上にも表れている。そんな中で一際話題になり、個人的にも再生率が非常に高いのがこのスティーブン・ウィルキンソンによるビビオの「マインド・ボケ」。前作にもみられたようなボーズ・オブ・カナダ直系のサウンド―生音にエレクトリックなビートを組み合わせ色褪せた写真を眺めるようなノスタルジー、グリッジノイズ、IDM―はそのままに、より歌モノ志向が進んだ内容に。ハードロックからの影響を無邪気に表した"Take Off Your Shirts"やトロピカルな"K Is For Kelson"のような飛び道具的なトラックがありそれはそれで素晴らしいが、やはり魅力は幽玄でたゆたうようなエレクトロニカだ。日本語のピンボケに影響されたというタイトルが示す通り(彼自身東洋文化や禅の思想に興味があるらしい)、恍惚と憂鬱の間を絶妙なバランスで揺らぐ。カラフルともいえるヴァラエティさと、奥深さにつながっている揺らぎを持ち合わせた、さすがIDMのネクストホープといったところ。今の状況で聴くと処方箋のような役割をもつ感もあり、記憶に残りそうな作品だ。

( 2011 )

-関連記事-
・[Review] Ambivalence Avenue / Bibio

[Review] Screamadelica: 20th Anniversary Deluxe Edition/Remastered / Primal Scream
2011年 03月 26日 (土) 00:26 | 編集

" Screamadelica: 20th Anniversary Deluxe Edition/Remastered " / Primal Scream

 SUMMER SONIC 2011での"Screamadelica"完全再現ライヴも決定し(東京はソニックマニア)、既にお祭りムードが高まってきているプライマル周辺。発表20周年ということで、リマスターされて還ってきた。リマスターに携わったのはバンド自身とマイブラのケヴィン・シールズ。マ、マイブラのリマスターはどこいった・・・という突っ込みは一旦置いておいて再生してみる。いやー近年のリマスター技術の著しい進化を実感せざるを得ないなぁ。そもそもこの作品に関しては楽曲が良すぎるためか、またアシッドハウスのトリップ感のためか音の悪さなど気になったことは無かったのだが、それでも"Movin' On Up"のアコースティックギターが軽快に鳴るイントロからピアノ、コーラスへと突入していく際の迫力には圧倒される。その後も全体を通して低音、中高音域ともに明瞭でより鮮やかになったサウンドを楽しむことができる。ジャケットも紙ジャケ化&可愛らしく進化しているので(エンボス加工?が良い)、盤として持っておいて損はないはず。そして今作を聴くたびに本気で思うのが、「リアルタイムで体験したかった!」という羨望。まあオルタナ~ブリットポップ~ビッグビートですらリアルタイムでは無いのだけどね・・・。
 CD黎明期である93年ぐらいまで、質はものすごく高いのに音がイマイチという作品が多々存在する。これからその作品たちが20周年を迎えてこうして新しい形で還ってくるかと思うと、興奮を隠しきれない。あれも出るのか、これも出るのかと色々想像してしまうね。

( 2011 )

[Review] Different Gear, Still Speeding / Beady Eye
2011年 03月 22日 (火) 23:04 | 編集

" Different Gear, Still Speeding " / Beady Eye

 口うるさいノエル兄ちゃんが抜けた後、残ったオアシスのメンバーが和気藹々と作った1stアルバム。部活なんかで先輩がいる時には「先輩!今日もおはようございます!」なんて緊張感を持って言うけれども、いざ自分が上の世代になるとのびのびして場合によっては横着してしまう、そんな感じあるじゃない?今作はまさにそれで各々がミュージシャンとしての力量をじっくりと試しながら、好きなものからの影響を隠さずに放出した趣味全快のアルバムとなっている。オアシスにあった壁のようなディストーション・ギターはいくぶん鳴りを潜め、古き良きブリティッシュロック、ブルースが花を咲かせているようだ。ワウが効いたギターとリアムのザ・スターな歌声が楽しめる冒頭曲"Four Letter Word"もいいのだけど、個人的にはむしろ優しいメロディーが耳をなぞるミディアムナンバーに耳を奪われた。"The Roller"や"For Anyone"はいつの時代、誰に聴かせても口ずさませてしまう普遍性がある名曲。この、四人で円になって互いの呼吸を合わせるように穏やかに鳴らしていく感じは、なるほどかつては出来なかったことなのかなと思ったり。このアルバムからの楽曲がスタジアムで合唱となったり、ましてやあの頃の狂乱に結びつくことはほぼ間違いなく無いだろうが、鼻歌交じりに聴くには十二分の出来なのでは。

( 2011 )

[Review] James Blake/ James Blake
2011年 03月 05日 (土) 16:59 | 編集

" James Blake "/ James Blake

 1stアルバム。BBC Sound of 2011にも選ばれ、既に2011年の新人代表になりつつあるジェイムス・ブレイク。時期尚早ながら、10年に一度の逸材と呼ぶ人もいるほど。彼は所謂ポスト・ダブステップシーンの中から登場したのだが、確かにその音は10年代らしい―既存の価値観を分解する―トラック・メイキングに溢れている。増幅されたベース音、定型を外し歪さをもたらすビートなどを手際良く整理しながら、かつ多分に刺激的なサウンドを展開。それだけで十分評価に値すると思うのだが、今作は更にその先へ行く。それを可能にしているのは彼の歌で、過剰にエフェクトされたヴォーカルがゆらゆらとメランコリックに、時に傷心を吐露するかのように響く。エフェクトされたヴォーカルは古今東西どこでも使用されているが、ここまで表現としての必然性を伴った例は稀有で、だからこそこの揺らぎに琴線が触れるのである。その歌に寄り添うようにピアノが配置されていたりと細かなところにも抜かりが無い。ポスト・ダブステップとしても、ソウルフルなヴォーカル・アルバムとしても聴ける一枚で、というかそういった容易にカテゴライズさせないところに怪物性をみるのかもしれない。こうしてポップミュージックは静かに更新されていく。

( 2011 )

copyright (C) Deep Impact all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。